「渡辺千尋 復刻の聖母」展

e0098256_20473984.jpg

今日は、練馬区立美術館でやっている「渡辺千尋 復刻の聖母」展に行ってきました。
「古い銅版画を復刻した」ということしか知らないで行ったのですが、
展示によると、このような経緯だということがわかりました。

1)
元のものは長崎のセミナリヨで、二十六聖人殉教のころ作られた
日本初めての銅版画(エングレーディング)であり、
セヴィリアの大聖堂のマリア像を模しています。
絵の下の文字最後のところに(im Semo Iapo 1597 日本のセミナリオ1597 とあります)。
もう一枚、「聖家族」も当時のもの。

2)明治になって長崎で隠れキリシタンと出会ったプチジャン神父が、
ローマに一度戻る途中、マニラでこの二つの銅版画(刷られたもの)と出会います。
それを、ローマ教皇ピウス9世に献上したところ「これは日本に戻るべきものだ」
と言って返されたのです。
「セヴィリアの聖母」の下の余白に手書きのラテン語で
「Manstre te esse Matrem(汝の母たることを示せ)」、
「聖家族」の下に「Japoneneses benedicat Virgo Maria cum Matre et
Prole Pia(日本人を祝福し給え、童貞マリアおよび母仁慈(じんじ)なる子と共に」
と書き添えて。

3)
残念ながら大正時代ころ、「聖家族」は半分以上が破損した
(水かカビか何かでかな? 写真製版のものが展示されています)が、
現存している「セヴィリアの聖母」(これも展示は写真製版)を、
長崎出身で「ビュランの使える」渡辺千尋氏に復刻依頼が来ます。
氏は、二十六聖人殉教のあとを京都から長崎まで歩いたあと、復刻されました。

4)
今回の展示は、渡辺千尋氏の「セビリアの聖母」を軸とした回顧展でもあります。
16世紀の原画も展示されている。前衛的で幻影的な銅版画。
小沢昭一の本など、見たことのある氏の装丁した本も。
この作業によって「美術表現の核のとなる内なる何かを見出した」と、
パンフレットにも書かれているように、この復刻の前とあとでは、
やはり何かが違っているように思えました。

私は、子供の頃から聞いていた殉教の話や、
長崎でのプチジャン神父と切支丹との出会い、
コルベ神父のこと、原爆のことなどを聞いていたからか、
いろんなことが一度に胸に迫るほどの感動を覚えました。
2月9日まで。無料です。
[PR]
by youyouhibiki | 2014-01-28 20:50 | 美術 | Comments(0)


本のこと、詩歌のこと、美術展のこと、and so on...


by youyouhibiki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

about me

カテゴリ

全体
美術
詩歌(下記以外)
 連句・歌仙
本(下記以外)
 装幀・デザイン
 アルスのノートと本
 平安~鎌倉の文学
 芥川/片山廣子
 ポール・クローデル
 ウィンター/ディキンソン
音楽・演劇・映画
旅・散歩(下記以外)
 練馬/東京散歩
 鎌倉散策
 花遍路 豊島八十八箇所
写真
仕事
思う・考える
コルベ神父
つくる
衣食住
Dogs & Cats, etc.
子ども時代
未分類

検索

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
more...

記事ランキング

最新のコメント

コメントありがとうござい..
by youyouhibiki at 23:51
コメントありがとうござい..
by youyouhibiki at 22:54
古書通さま お知らせあ..
by youyouhibiki at 14:08
昨日、小町通に行きました..
by 古書通 at 08:31
dizire_san ..
by youyouhibiki at 00:04

画像一覧