『殉教(マルチル)の刻印』

e0098256_0224458.jpg

昨日、練美で買った『殉教(マルチル)の刻印』(渡辺千尋著・長崎文献社)を
一気読みしてしまいました。
この本の原稿も展示されていて、興味を持ったのです。
2001年に小学館ノンフクション賞優秀賞を受賞していて、最近復刊されたました。

いったい1957年にセミナリヨで銅版画を彫ったのはどういう人物だったのか?
という前に、一つの謎が立ちはだかります。
版画は何種類かあるのですが、
1)
セヴィリアの教会壁画を模し、スペインからもたらされた銅版画が、
まずあったはずだと考えられる。
ヨーロッパに今も刷られたものがある。
イエスは手に白い鳩を持つ。
2)
日本でつくられた銅版画…原版なし。
そしてどういうわけかサイズが小さい(左右欠け)。
白い鳩がいない…これが今回の復刻のオリジナル。
一枚しか存在しない。
3)
中国で日本のものを模したという木版画。
サイズは1)と同じ。不思議なことに白い鳩を持つ。

ちょっとミステリーじみていますが、この謎解きをしないと、
復刻をする渡辺さんとしては釈然としない。
それで、いろいろなことを調べます。
当時のセミナリヨのこと。
印刷機や紙のこと。
当時のスペインやローマのこと。

……知らないことばかりでした。

さいごに、渡辺さんが出した推論は??
エングレーヴィングを実際にやる人でなければ分らないさまざまなことが、
つまり彼の、ビュランを使う「手」が推理したとも言える結末です。

e0098256_022267.jpg

渡辺さんは銅版画家で、装丁もしておられました
(小沢昭一の「日本の放浪芸」など、ご存じの方も多いはず)が、
1994年ころから執筆もしておられて、
だからすごくよい本になったのだと思います。
よくぞこの方が復刻してくださった、と、
そういう思いがいたしました。
[PR]
by youyouhibiki | 2014-01-29 23:51 | 美術 | Comments(0)


本のこと、詩歌のこと、美術展のこと、and so on...


by youyouhibiki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

about me

カテゴリ

全体
美術
詩歌(下記以外)
 連句・歌仙
本(下記以外)
 装幀・デザイン
 アルスのノートと本
 平安~鎌倉の文学
 芥川/片山廣子
 ポール・クローデル
 ウィンター/ディキンソン
音楽・演劇・映画
旅・散歩(下記以外)
 練馬/東京散歩
 鎌倉散策
 花遍路 豊島八十八箇所
写真
仕事
思う・考える
コルベ神父
つくる
衣食住
Dogs & Cats, etc.
子ども時代
未分類

検索

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
more...

記事ランキング

最新のコメント

コメントありがとうござい..
by youyouhibiki at 23:51
コメントありがとうござい..
by youyouhibiki at 22:54
古書通さま お知らせあ..
by youyouhibiki at 14:08
昨日、小町通に行きました..
by 古書通 at 08:31
dizire_san ..
by youyouhibiki at 00:04

画像一覧