「ドストエフスキーと愛に生きる」

「考える人」編集長さんの記事を読んで、
とても観たくなって「ドストエフスキーと愛に生きる」に行ってきました。
翻訳家スヴェトラーナさんは、とても魅力的で、
目の光に知性の深みを感じました。
やっぱりあのお歳でドストエフスキーを読み、翻訳する凄さ、
知性も体験も半端じゃありません。
映画については、編集長さんの記事をご覧いただければと思います。
すてきな映画でした。

ところで、ドストエフスキーを女性が読む(読み込む、と言ったほうが正しい)、
ということから、私は志村ふくみさんの『白夜に紡ぐ』(人文書院)を
思い出していました。
志村さんが84歳の時に出されたこの本を読んだときも、
ドストエフスキーを読む態度に圧倒されたもので、
読書がまさに精神の葛藤であることを思い知らされましたが、
奇しくもほぼ同じ年代の女性であることに、
お二人の親和性を感じます。

「テクスチャーとテキスタイルの語源は同じ」と言いつつ
布や刺繍を愛されるスヴェトラーナさんと、染織家の志村ふくみさん。
このお二人が、ドストエフスキー文学の根源にあると思われる
人間の罪や醜さ、惨たらしさの中をともに生き、葛藤し、共に戦い、
さらにおこがましくも言ってしまえば
光や救済とも言うべき何らかの解答をそこに読み取ろうとして
おられるようにも思いました。
(そして、翻訳されたものや染織自体が、その過程であり結果でもあるような…。)

80歳を過ぎたお二人の姿に、私の今まで想像していた老いの生き方と
まったく違うものを感じ、震撼としております。
[PR]
by youyouhibiki | 2014-03-08 22:33 | 本(下記以外) | Comments(0)


本のこと、詩歌のこと、美術展のこと、and so on...


by youyouhibiki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

about me

カテゴリ

全体
美術
詩歌(下記以外)
 連句・歌仙
本(下記以外)
 装幀・デザイン
 アルスのノートと本
 平安~鎌倉の文学
 芥川/片山廣子
 ポール・クローデル
 ウィンター/ディキンソン
音楽・演劇・映画
旅・散歩(下記以外)
 練馬/東京散歩
 鎌倉散策
 花遍路 豊島八十八箇所
写真
仕事
思う・考える
コルベ神父
つくる
衣食住
Dogs & Cats, etc.
子ども時代
未分類

検索

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
more...

記事ランキング

最新のコメント

コメントありがとうござい..
by youyouhibiki at 23:51
コメントありがとうござい..
by youyouhibiki at 22:54
古書通さま お知らせあ..
by youyouhibiki at 14:08
昨日、小町通に行きました..
by 古書通 at 08:31
dizire_san ..
by youyouhibiki at 00:04

画像一覧