『死と復活 ─「狂気の母」の図像から読むキリスト教』

著者池上英洋氏はフィレンツェなどイタリアで、
母が子どもを殺し、それを聖人が生き返らせるという
15世紀の画像を見る。
そのことが発端となって、キリスト教における
聖餐、生け贄、のみならず、生と死、復活というテーマを
ギリシャ劇、エジプト神話、旧約聖書、新約聖書、
聖杯伝説、魔女伝説、聖人伝説、錬金術、グノーシスなどなどを
探りながら解き明かして行く。

途中、すごく驚いたのが、
「第四章 子殺しの魔女とケルトの大釜」なのですが、
中世で学者(医師)は女性に触ることができなかった、
なので、お産は産婆などにまかせていた。
当然、幼児の出生率は下がる。
男性はその原因を産婆=魔女のしわざと考えた。
また、女たちに果たして子どもを生かす意志があるか、
ということについても疑心暗鬼であったという。
「そういう『対女性観』があったなんて…」と、ちょっと驚きでした。

西洋美術史・文化史の本なので、
そこからどうやってキリスト教の生命尊重の考えが圧勝したか
などについて書は書かれていませんので、
おいおい調べていこうと思っています。

ほんとうはもっと、読書会とか講義とかで
ゆっくり時間をかけて読みたい(学びたい)本だと
思います。

蛇足ながら、ポール・クローデルの『乙女ヴィオレーヌ』と
それを書き改めた『マリアへのお告げ』は、
多少亡くなった子どもを遁世した彼女の伯母ヴィオレーヌが
生き返らせるという内容なので、この本のテーマとも
似通っているかとも思いました。

さらに蛇足ですが、
最近、本を読めなくなって困っています。
理由としては仕事でモニタとにらめっこしていたから、
というのが大きいだろうと思っていますが、
若い頃は図書館で本を10冊借りて、その週のうちに返していた私、
もしかして認めたくないけど老化現象??
内容が濃いといえば濃かったのですが、
この本は、2月に買ってやっと読み終えました。
『死と復活 ─「狂気の母」の図像から読むキリスト教』
https://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480015921/
[PR]
by youyouhibiki | 2014-06-02 23:30 | 本(下記以外) | Comments(0)


本のこと、詩歌のこと、美術展のこと、and so on...


by youyouhibiki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

about me

カテゴリ

全体
美術
詩歌(下記以外)
 連句・歌仙
本(下記以外)
 装幀・デザイン
 アルスのノートと本
 平安~鎌倉の文学
 芥川/片山廣子
 ポール・クローデル
 ウィンター/ディキンソン
音楽・演劇・映画
旅・散歩(下記以外)
 練馬/東京散歩
 鎌倉散策
 花遍路 豊島八十八箇所
写真
仕事
思う・考える
コルベ神父
つくる
衣食住
Dogs & Cats, etc.
子ども時代
未分類

検索

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
more...

記事ランキング

最新のコメント

コメントありがとうござい..
by youyouhibiki at 23:51
コメントありがとうござい..
by youyouhibiki at 22:54
古書通さま お知らせあ..
by youyouhibiki at 14:08
昨日、小町通に行きました..
by 古書通 at 08:31
dizire_san ..
by youyouhibiki at 00:04

画像一覧