徳川美術館「王朝美の精華・石山切 -かなと料紙の競演-」


今回の旅行、第一日目は名古屋で途中下車し、徳川美術館で
「王朝美の精華・石山切 -かなと料紙の競演-」 を見た。

徳川美術館サイトより:

「石山切」は平安時代・天永3年(1112)、白河法皇の六十賀に際して
調進されたと考えられている国宝『本願寺本三十六人家集』のうち、
「貫之集」下・「伊勢集」の断簡です。
昭和4年(1929)に分割されるに際し、本願寺がもとあった
摂津の石山(現在の大阪城付近)にちなんで名付けられました。
色調や文様・装飾を違えた数種類の紙を継ぎ合わせた
「継紙」をはじめとする華麗極まりない料紙の美しさ、
優美な連綿のかなとがあいまって、12世紀初頭における
宮廷の人々の善を尽くし、美を尽くした世界が くり広げられています。
「石山切」を中心に、王朝の美の真髄を探求します。

     *

『王朝継ぎ紙の世界』(河出書房新社)などを参考に
「本願寺三十六人家集」 の歴史を要約してみる:

成立の経緯は分かっていない。おそらく平安時代のいつからか制作され、
1112年、白河法皇六十賀の後宴の贈り物として献上された。

その後、蓮華王院(三十三間堂)に置かれ、
1549年に後奈良天皇から本願寺に下賜された。

1600年代に表紙などの修理、書写が行われ、紛失していた
人麿集、業平集、小町集が補作された。

江戸時代の本願寺では、重要な法会や仏事などの折にこれを
陳列したらしいが、いつしかその存在は忘れられていた。

1886(明治29)年、本願寺の依頼で、大口鯛二氏が古筆調査を行い、
蔵の中に眠っていた「三十六人家集」が発見される。

1929(昭和4)年、平安時代の制作当初からの原本34帖のうち、
「貫之集下」と「伊勢集」を分割分譲し、武蔵野女子学院(現武蔵野大学)
を設立するための資金に充てる旨、本願寺が決定。
本願寺がもとあった摂津の石山(現在の大阪城付近)に
ちなんで「石山切」と名付けられた。

1931年「本願寺三十六人家集」が国宝指定となり、
直接見られなくなったため、石山切の存在は貴重である。

また、大口鯛二氏は「本願寺三十六人家集」を発見当時、
日本画家の田中親美氏にこれを見せたことから
田中氏が「貫之集下」と「伊勢集」を完全に模作して西本願寺に納め、
制作についての分析と研究をしている。

継ぎ紙は、1100年当時の美の粋を極めたもので、おそらく
染めと継ぎを女房たちがやり、漉き、唐紙の刷り(雲母刷りなど)、
箔打ちなどは専門家が行ったと思われる。
歴史上、70年間くらいの間に花咲いた芸術だが、
その後の源平の動乱などによる混乱のうちに廃れてしまった。

     *

今まで、本やWEB上でしか見たことのなかった石山切だが、
実際に見ると、デザインや色彩も、とっても洗練されている (特に切り継ぎなど)。
水茎の跡に古人の息づかいが直接感じられた。表装も素晴らしい。
これらのお軸はどのような茶室で、どのような取り合わせで拝見されてきたのだろう。。。

粘葉本をいったんバラバラにしたのはちょっと勿体ないような気がしていたが、
上手く剥がして表装し、日本中に散らばったお軸がまた多くの集まっているのは壮観だったし、
日本ならではの展開ではないだろうか。
そのような意味でも貴重な展示を見ることができたと思う。

     *

今回、徳川美術館にある「泪の茶杓」は、「大徳川展」のため出張中だった。
これは東京で見なくては! と思っている。

写真は、「石山切 伊勢集 伝藤原公任筆 としふれと」

としふれとわすられはてぬ人のよは
こゝろとめてそ猶きかれける
恋しきにしぬてふことはきこえぬを
よのためしにもなりぬへきかな
   かにひの花につけて
花のいろのこきをみすとてこきたるを
おろかに人はおもふらむやそ
   わらひを人にやるとて
わかためになけきこるともしらなくに
なにゝわらひをたきてつけまし
   四月にさきたる桜の花につけて
   院の殿上人ともの物へおはします御
   ともにまいりてゐたる所
とまりゐてはるこひしくやおもふらむ
花もかくこそおくれたりけれ
   ある大納言ひえさかもとにおとはと
   いふ山のふもとにいとをかしきいへつ
   くりたりけるにおとはかはをやり水
   にせきいれてたきおとしなとした
   るをみてやり水のつらなるいしにかきつく

[PR]
by youyouhibiki | 2007-10-30 18:04 | 美術 | Comments(0)


本のこと、詩歌のこと、美術展のこと、and so on...


by youyouhibiki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

about me

カテゴリ

全体
美術
詩歌(下記以外)
 連句・歌仙
本(下記以外)
 装幀・デザイン
 アルスのノートと本
 平安~鎌倉の文学
 芥川/片山廣子
 ポール・クローデル
 ウィンター/ディキンソン
音楽・演劇・映画
旅・散歩(下記以外)
 練馬/東京散歩
 鎌倉散策
 花遍路 豊島八十八箇所
写真
仕事
思う・考える
コルベ神父
つくる
衣食住
Dogs & Cats, etc.
子ども時代
未分類

検索

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
more...

記事ランキング

最新のコメント

コメントありがとうござい..
by youyouhibiki at 23:51
コメントありがとうござい..
by youyouhibiki at 22:54
古書通さま お知らせあ..
by youyouhibiki at 14:08
昨日、小町通に行きました..
by 古書通 at 08:31
dizire_san ..
by youyouhibiki at 00:04

画像一覧