古くて新しい書体

去年の3月、書道を習い始めました。
千字文で基本を習い、今年4月から欧陽詢の
「九成宮醴泉銘(きゅうせいきゅうれいせんめい)」に入りました。

唐の太宗の時代に欧陽詢が、太宗を頌える碑の文字を書いたのが
「九成宮醴泉銘」なのですが、書いていると
欧陽詢がひとつの書体を完成させたことが分かります。

e0098256_9555623.jpg


一画一画に規律がありながら、左右、上下にのびやかに字が広がってます。
(たとえば「郡」の字の三画目(ヨコ線)なんて、こんなに長くしちゃっていいの?と
思うけれど、旁のほうも負けずに右に広がっているから、バランスがとれてます。)

欧陽詢は、猿に似てひじょうに醜男だったと語り継がれていますが、
76歳という人生の総決算の時期に書かれた九成宮醴泉銘は
時代を超越していまも尊ばれており、書体の持つ精神性を感じずにはいられません。

九成宮に詳しいサイト:
http://www15.ocn.ne.jp/~seiwa/2/22/221/2211/22111/newpage1.htm
欧陽詢:http://www15.ocn.ne.jp/~seiwa/3/31/312/312.htm
[PR]
by youyouhibiki | 2008-05-23 10:16 |  装幀・デザイン | Comments(0)


本のこと、詩歌のこと、美術展のこと、and so on...


by youyouhibiki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

about me

カテゴリ

全体
美術
詩歌(下記以外)
 連句・歌仙
本(下記以外)
 装幀・デザイン
 アルスのノートと本
 平安~鎌倉の文学
 芥川/片山廣子
 ポール・クローデル
 ウィンター/ディキンソン
音楽・演劇・映画
旅・散歩(下記以外)
 練馬/東京散歩
 鎌倉散策
 花遍路 豊島八十八箇所
写真
仕事
思う・考える
コルベ神父
つくる
衣食住
Dogs & Cats, etc.
子ども時代
未分類

検索

以前の記事

2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
more...

記事ランキング

最新のコメント

コメントありがとうござい..
by youyouhibiki at 23:51
コメントありがとうござい..
by youyouhibiki at 22:54
古書通さま お知らせあ..
by youyouhibiki at 14:08
昨日、小町通に行きました..
by 古書通 at 08:31
dizire_san ..
by youyouhibiki at 00:04

画像一覧