前登志夫『森の時間』

e0098256_2214236.jpg

前回の『吉野日記』に引き続き、前登志夫の『森の時間』を読みました。

吉野という場所を、私は桜の名所ということでしか知りませんでしたが、
古事記、万葉集にも登場し、
また南北朝時代に南朝の朝廷が置かれたこと、
修験道が栄えたことなど、古代からの歴史を
連綿と伝えている場所だということを、今回知りました。

『森の時間』には、「魑魂(すだま)」「空洞(ほら、まほら)」「響(とよ)み」
「斉庭(ゆにわ)」など、上代からある言葉が使われていたり、
古事記や万葉集が引用されているかと思うと、
夫と子どもを置いて村をとつぜん出てしまった若妻や、
村ではどちらかというと軽んじられていた男のところに
とても美しいお嫁さんが来る最近の村の話など、
昔の話なのだか現代の話なのだか分からなくなるような
いろいろな話が語られています。
そして、それらのエピソードはどれももの悲しく、
人はいつの時代に生まれても、螢のような発光体となって
光を放っているようにも見えてきます。

前登志夫は、歌人なので、ずっと吉野に棲んで、
それ以外の土地ではもう存在しなくなった悲しみ(日本古来からの)
を言葉にし続けていたように思いました。

かなしみは明るさゆゑにきたりけり一本の樹の翳らひにけり

暗道(くらみち)のわれの歩みにまつはれる螢ありわれはいかなる河か

わが歌は輝ける他者やまももの実を食うべゐる家族(うから)も死者も

崖の上にほんのしばらく繭のごと棲まはせてもらふと四方(よも)を拝めり

ぶらさがるあけびの熟れ実食(は)みをれば八百万神咲(え)らぐしづけさ

ことしまた梟啼きぬわたくしの生まれるまへの若葉の闇に

青空のふかき一日ことばみな忘れてしまひ青草を刈る

[PR]
by youyouhibiki | 2008-08-04 22:26 | 詩歌(下記以外) | Comments(0)


本のこと、詩歌のこと、美術展のこと、and so on...


by youyouhibiki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

about me

カテゴリ

全体
美術
詩歌(下記以外)
 連句・歌仙
本(下記以外)
 装幀・デザイン
 アルスのノートと本
 平安~鎌倉の文学
 芥川/片山廣子
 ポール・クローデル
 ウィンター/ディキンソン
音楽・演劇・映画
旅・散歩(下記以外)
 練馬/東京散歩
 鎌倉散策
 花遍路 豊島八十八箇所
写真
仕事
思う・考える
コルベ神父
つくる
衣食住
Dogs & Cats, etc.
子ども時代
未分類

検索

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
more...

記事ランキング

最新のコメント

コメントありがとうござい..
by youyouhibiki at 23:51
コメントありがとうござい..
by youyouhibiki at 22:54
古書通さま お知らせあ..
by youyouhibiki at 14:08
昨日、小町通に行きました..
by 古書通 at 08:31
dizire_san ..
by youyouhibiki at 00:04

画像一覧