カテゴリ: ウィンター/ディキンソン( 6 )

詩と余白

e0098256_12445774.jpg

『エミリ・ディキンスンのお料理手帖』
246ミリ×246ミリ、正方形の本です。
amazonでは「暮らし・健康・子育て」のジャンルに入っています。
私の行く図書館では幸いなことに、彼女のほかの詩集と同じ本棚にありましたが。

この本のまえがき:
19世紀の全女性にとって、パン作りは家事の中で一番大切なものでした。
もちろん、エミリ・ディキンスンにとってもそうだったのです。
実際、彼女は当時のアマストの町では、詩人としてよりも
ライ麦入りインディアン・ブレッドとジンジャーブレッドを作るのが
上手だということで知られていました。

けれども、彼女が机の上で生み出したものは、
精神的な食べ物とでも言うべき、詩や短い手紙でした。
それらは、台所からの贈り物と同じように、
友人たちの送られていました。

物を見抜く眼と愛情という、2つの心の中の火が表に現われ、
一方は詩となり、他方はお料理になりました。
数ある中から私たちが選んだこの本のお料理法は、
彼女自身によるものの他に、親戚や友人のものもありますが、
時に彼女の詩や文章に添えられたものです。
さぁ、みなさん、エミリから手渡される、2種類のパン
----精神の糧としてのパンである詩と、
肉体の糧であるパン----をお楽しみください。

e0098256_1249305.jpg


第一部は「詩人エミリとお料理」、エミリを紹介したあと、レシピを載せてます。
第二部は「詩とレシピ」。写真のような見開きの左ページには日本語訳と原詩、
右側には写真。そのあと再びレシピ。

彼女の詩は好きで、何種類かの詩集を持っているのですが、
読んで詩がすんなりと入ってくるのはこの本です。
なので図書館でときどき借りて読みます。

草原をつくるのは---クローバーと蜂蜜
クローバー1本と蜂蜜1匹
そして夢---
夢だけでもいい
もし蜜蜂がいないなら---

To make a prairie it takes a clover and one bee,
One clover, and a bee,
And revery.
The revery alone will do,
If bees are few.


(1990年、山口書店、Emily Dickinson: Profile of the Post as Cookをもとに
松尾晋平監修、武田雅子・鵜野ひろ子訳、井上絵美料理監修)
[PR]
by youyouhibiki | 2009-08-09 12:39 |  ウィンター/ディキンソン | Comments(0)

『9月のバラ』ジャネット・ウィンター

e0098256_20303743.jpg


ジャネット・ウィンターについての続きです。

伝記絵本作家、と言われるジャネット・ウィンター、
今までに書いた(描いた)本を調べてみると、確かに、

My name is Georgia(ジョージア・オキーフについて)
Sebastian(セバスチャン・バッハについて、邦訳なし)
Emily Dickinson's letters to the world(エミリ・ディキンソンについて)
Beatrix(ベアトリクス・ポターについて)

と、主にアーティストについての伝記が多いように思われます。

でも、21世紀のニューヨークに住む彼女のこと、
世の中の動きと同時進行で生きています。
『バスラの図書館員』の元となった新聞記事を読む(2003年)前に、
あの911事件が発生し、そのかなしみを、彼女は目の当たりにしました。
そして『September Roses((9月のバラ)』をかきました。
(『9月のバラ』福本友人美子訳・日本図書センター)
お話はこうです:

     *

南アフリカに住む姉妹ふたりは、フラワーショーに出すために2400本のバラとともに
ニューヨークを訪れます。
しかし、それはまさにあの911のことでした。
大混乱の、悲惨な空港。飛行機は飛ばなくなり、行き所のなくなった彼女たちを
泊めてくれたメソジスト派の教会員に、ふたりはバラを差し出します。
バラの使い道はもう、なくなってしまいました。
せめてものお礼に、これを受け取ってください、と。
すると彼は、ふたりとバラをあのグラウンドに連れていきます。
かなしみにくれてたたずむ人たち。。。
それを見てふたりは、失った二つの塔をバラで作りました。。。

本の出だしはこうです:

わたしがバラをじっと見ていると、
わかい男の人がそばにきて、
バラがどこからきたのかおしえてくれました。(以下、上に書いた物語が続きます。)
そして最後はこのように締めくくられています:

このお話は、わたしがさいしょに聴いたことをもとにしてつくったものです。
あとになって、くわしいことがいろいろとわかりました。
ふたりの姉妹は、南アフリカでバラを育てて売る仕事をしており。。。
ラガーディア空港で途方にくれていたふたりを泊めてくれたのは、
。。。ファースト・ユナイテッド・メソジスト教会の人で、
こまっている人に宿を提供しようと、空港にやってきたのでした。
     *

その後、いろいろと検索して、ある記事を見つけました。

(意訳)
ジャネット・ウィンターは、若い読者がこわがるだろうと思われることに
あとずさりしない。
「もし、そこに話をしたいと思うこと(ストーリー)があれば、
私はどうすれば子どもたちに話すことができるかを考えます。
みな、そのことについて考えているのです。
そのことについて聞いているのです。」

人間の「悪意」をまともに見せつけることになった911に対して、
善意の人々の力はほんとうに小さなものかもしれません。
でも、それでも小さなトーチをかかげること。。。

(子どもたちにきちんとした話をしようと思っている彼女に、
バラは秘密の話を打ち明けたのかもしれません。。。)

     *

さて、彼女の近況について、この記事の後半に触れられています。
息子であり詩人であるジョナ君との合作が出版されているとのことてす。
ふたり合作『Secret World of Hildegald von Bingen ヒルデガルド・フォン・ビンゲンの秘密の言葉』
……12世紀中世の神秘家、幻視者をどのように描いているのでしょう。。。!
あるいはケニアで初のノーベル章を受賞したワンガリ・マータイ
(日本では「もったいない」ですでに知られていますね)については。。。?


1936年生まれのジャネット・ウィンター、これからももっと
お話をしてきかせてほしいものです。
[PR]
by youyouhibiki | 2008-01-31 20:38 |  ウィンター/ディキンソン | Comments(0)

『私、ジョージア』とジャネット・ウィンター自身のこと

e0098256_21202627.jpg

『バスラの図書館員』で、ジャネット・ウィンターJeanette Winterのことを知った私は、
さっそくほかの本も読みたくなりました。
『私、ジョージア』という絵本については、以前からみすず書房が絵本出しているんだ。。。
くらいの認識しかなかったのだけど、実はウィンターが、画家のジョージア・オキーフの一生を
がいている絵本でした。
(本文はすべて、オキーフの言葉を引用してやさしい言葉で構成されているそうです。)

わたしがしたことは、「人のしないことだった」
妹たちはサッシュ(飾りおび)を付けた。--わたしは着けなかった。
妹たちは長くつしたをはいた。--わたしははかなかった。
妹たちが、髪を3つ編みにしたとき、--
わたしは、黒い髪をほどいて、風になびかせた。

…美術学校をでると、わたしは
ひろい世界のなかへ、じぶんからふみだしたのだった。
じぶんのかきたい絵を、わたしはかきたかった。
              『私、ジョージア』(長田弘訳/みすず書房 より)
やがてオキーフは、テキサスの大平原で絵を描きます。
空、夕日、動物の骨。
摩天楼のてっぺんにも住んで、絵をかきました。
大きなカンバスにおおきな花を! もちろん摩天楼も!
それからニューメキシコに行き、砂漠の中でひとり寝泊まりして
絵をかきました。動物の骨を、空を、山を。98歳で亡くなるまで。

この本のカバー見返しには、このように書かれています。
「どんなときにも『ほんとうに生きている』と感じられるような生き方をもとめて、
じぶんをゆずらなかったジョージア・オキーフの肖像を、(この本は)
色彩のよろこびをとおして鮮やかにつたえる、まったく新しい絵本の伝記」

そう、まったく新しいのです。今まで、クリエーターの「創作の秘密」を
かいた絵本ってあったでしょうか? 
絵本だけでなくて「書物」にもなかったような気がします。

     *

というわけで、ジャネット・ウィンター自身に興味を持った私は、
最近になってウィンターが自分自身について話しているサイトを見つけました。
http://www.fsgkidsbooks.com/authordetails.asp?ID=Winter


(意訳)
私の両親はスウェーデンからアメリカに移住して、シカゴに住み、
そしてそこで私は生まれました。私たち3人は(私は一人っ子でした)、
アパートメントの3階に住んでいました。
私の寝室から木々の向こうに見える景色を眺めながら、
私はぼんやりといろんなことを想像するのでした。

私は今までずっと仕事をする場所から「何かを眺められるように」してきました。
今は、ニューヨークの仕事机から、街全体を見ることができます。
テキサスでは、丘や砂漠が、メーンでは高い松林や草原が見えます。
仕事をしながら窓ごしに外を眺めることが、私の心と想像力を
そうありたいと思う高みに連れていってくれるのです。

子ども時代、私は大叔父さんからとっても大きな影響を受けました。
彼は家の塗装をするのが仕事でしたが、さもなくば「アーティスト」でした。
そしてなんというアーティストだったことでしょう! 彼は、キャンバス、はがき、
服、装飾のある壁、床……すべてのものに描きました。
木を彫って像を造り、それに色をつけました。
コンセルティーナという楽器を弾いたり、ハローウィンの仮面を
トランクいっぱい持っていたりもしました。
そして蒐集した古い版画がいっぱい詰まった箱も持っていて、
私はそれを何時間でも飽きずに見ていたものです。

漫画や図書館の本は、両方とも同じくらい、視覚を育てる基礎になりました。
リトル・ルルやヘンリーやディズニー漫画がお気に入り惟でした。
Lois Lenski, Elizabeth Orton Jones, Wanda Gág,
Maud and Miska Petersham, Robert Lawsonらが
私の好きなイラストレータでした。

バレリーナになりたいという夢が私の頭によぎったごく短い時期をのぞくと、
私はいつもアーティストになりたいと思っていました。
お話を物語る絵を描きたいと思っていたのです。でも
大学に行って、ケート・グリーナウェイの絵本をはじめて見るまで、
子どもたちのために本をかこうとは思っていませんでした。

最も重要できちんとした美術の授業は、シカゴ美術館で受けた
高校生用土曜日クラスと夏季クラスです。
ひとりの特別な先生、ジェーコブソン先生が、どうやってものを見て
どうやって描くのかを教えてくださったのです。
大学では絵画、デッサン、版画、彫刻を学びました。
イラストを描くことと本を作ることについては独学です。

原始的で純朴な絵をみると、それが語っているものがみえてきます。
溌剌として精気あるメキシコの民芸品を見ると、ワクワクしてきます。

私の本はほとんどが芸術家についてかいたものです……有名であっても、無名であっても。
多くの作家や画家は、ひとつの本、あるいはひとつの絵をさまざまな手法でかいている、と
言われることがあります。

アーティストになろうとしてすくんだこと……子どものときにどうやったら
「ちゃんとした」アーティストになれるかと混乱したことがおそらく出発点になって……
私の本の中でそのプロセスを解明しようとしているのかもしれません。
私は、書いたり描いたり、踊ったり歌ったりしようとする力は
同じところからきていると思うのです。
私たちはただ夢を満たすための経路を、見つければいいだけなのです。


ジャネット・ウィンターはニューヨークに夫であり画家であるロジャー・ウィンターと
暮らしています。二人の息子ヨナとマックスは、ふたりとも詩人で、
同じニューヨークに住んでいます。
[PR]
by youyouhibiki | 2008-01-26 21:53 |  ウィンター/ディキンソン | Comments(0)

『バスラの図書館員』~ジャネット・ウィンターという絵本作家

e0098256_0333817.jpg

今から1年半前、図書館でたまたま見つけた『バスラの図書館員
-イラクで本当にあった話』(絵と文/ジャネット・ウィンター 訳/長田弘 晶文社)
という絵本が、ジャネット・ウィンターを知るはじめでした。

その後、日本では『私、ジョージア』という、ジョージア・オキーフについて書かれた本、
ビアトリクス・ポターのお話』などが出されていることを知りました。
『私、ジョージア』によると、彼女は「伝記絵本作家」なのだそうです。
もともと伝記を読むのが好きな上に、絵本というごく短いページ数、文字数で人を語っている
彼女の絵本にとても惹かれるものを感じました。

最近、注意してみると英語ではインタビューの載っているサイトなどがあり、
彼女のことを知ることができたこと、その反面、日本では、絵本という性格上、
あまり語られることがないような気がして、彼女のことを何回かに分けて書いてみたいと思います。

     *

さて、『バスラの図書館員-イラクで本当にあった話』、この本は、
イラク戦争の折、イラク最大の港町バスラで、当時図書館員をしていた
アリア・ムハマンド・バクルさん(女性)が、図書館の本を守るために
3万冊の本を近所の人たちと協力して運び出した、という実話に基づいた絵本です。

「戦争の火が本を滅ぼしてしまうことを、アリアさんはおそれています。
本は、黄金の山よりもずっと、アリアさんにとって価値あるものです。」

(図書館員が逃げ出す中、アリアさんは友達に頼んで3万冊の本を
運び出します。その9日後に、図書館は燃え落ちました。)

「やっと、戦争というけだものは、町をでてゆきました。
町が静かになっても、アリアさんは安心しませんでした。
もし本が無事だとわかったら、戦争というけだものは
きっとまた、町にもどってきます。」

「アリアさんは戦争が終わるというのぞみをすてません。。。」

書物の歴史を少し調べてみると、その歴史はまさに権力との闘争であるかのような
気持ちになることがあります。
言語や文字は、戦争になったら真っ先に攻撃の的になるものです。

アリアさんが本を運び出したことは、アメリカ人の駐在記者が知って、
ニューヨークタイムスの記事になり、それを読んだウィンターが絵本にした、
と本に書かれていました。

さらに、最近になってこのようなインタビュー記事も見つけました。

(新聞記事を読んでどのような感銘を受けたのか?という質問に対し)

ウィンター:アリアさんの記事は私に、戦争という暗い時期にとても必要なオプティミズムを与えてくれました。私は、グラムシの 「認識においては悲観主義、意志においては楽観主義(であれ)」という言葉を思い起こします。彼女の周りすべてが破壊に包まれたときに、そしてこの戦争でどこからも救いの手が差しのばされないときに、アリアさんは境遇に屈しない意志を持ち、驚くべき勇気をもって行動します。非人間的な状況の中においても見られるこの人間の精神の楽観主義は、すばらしいインスピレーションとなりました。(意訳)

こちらのサイトでは、戦争を子ども向けの絵本として描く苦心についても話しています。
e0098256_0283953.jpg

自国が起こした戦争の直後に敵国について描くこと、
敵味方ではなく何が大切なことかを描いていること、
興味を持った私は、それ以後ジャネット・ウィンターの絵本を
少しずつ読むことになったのでした。。。

「彼女は知っていたのです、本を救うということは、彼女の国の過去を、現在を、
そして未来を救うということを」

[PR]
by youyouhibiki | 2008-01-10 23:35 |  ウィンター/ディキンソン | Comments(4)

『エミリ・ディキンスン 愛と詩の殉教者』

e0098256_0283342.jpg
ジャネット・ウィンターというアメリカの伝記絵本作家が、
『Emily Dickinson's Letters to the World』
という絵本を出していることを知ってから、エミリー・ディキンスンという詩人に興味を持った。

図書館には、あいにくディキンスンの詩集も書簡集もなかったので
『エミリ・ディキンスン 愛と詩の殉教者』(岩田典子 創元社)を借りて読んだのだが、
これがとてもよかった。

この本は、ディキンスンの手紙と詩の紹介であり、伝記でもあり、さらにまた、
詩と同時期に書かれた手紙を紹介することによって詩の理解をも進めてくれる、
そんな本である。(とても欲張りな本なのだけど、分かりやすく書かれていた。)
外国語の詩は、韻律が分からない分、魅力が分かりにくく、
読んでも理解できないことが多いのだが、その溝をも埋めてくれたと思う。

私はアメリカ文学についてはとても疎いので、ディキンスンについて予備知識が
なかったのだが、彼女は19世紀のアメリカに生まれ(1830–1886)、
ボストンの近郊アマストでほとんどまったく自宅から出ることなしに
多くの詩と手紙を書いた。

ディキンスンはどうして外に出なくなったのか?
第一には、彼女がキリスト教の堅信を拒んだことがある。
彼女の一家は当時の教会の熱心な働きかけによって
少しずつ家族が堅信を受けるようになる。
だが、彼女はそれを拒んだ。
神を信じていなかった訳ではない。
彼女には神が教会の中だけにいるとは思えなかった。
神とは自然の中で、あるいはこころの中でいつも対話しているのだから。

この、信者にならないことと、詩を書くこととは、彼女にとって鶏と卵みたいな関係だ。
少しずつ彼女は外部と接触を断ち(というのも、世俗的な人は彼女を変人だと思うし、
彼女も世間との社交的なつきあいができない)、その分内面的な対話は深まり詩という
かたちに生まれ変わる。
いつも白い服を着て過ごす彼女は、どちらかというとカトリックの尼僧に近い。
しかし、情熱は手紙となって特別な何人かの人に届けられたし,
いくつかの恋もした(らしい)。
当時の常識ではありえないようなセクシャルな詩も書いたことは
彼女の死後、ジェンダー問題に携わる人に大きな影響を与え、
独特の英語のリズムの詩もその後の英語詩に影響を与えたと書かれている。
生前、詩はほとんど発表されず、死後、タンスの抽斗から手紙(下書き)とともに見つかった。
詩の数は1775編にのぼった。


最近、静けさということに魅力を感じる。
喧噪、という言葉と反対語である静けさや沈黙である。
日々めまぐるしく情報がなだれ込んで来る中で、
できるだけ私自身と対話をする時間がほしい、と切実に思うことがある。
この詩のようにエミリ・ディキンスンが生きたとしたら、
それは一つの理想であるようにも思えた。

I NEVER saw a moor,
I never saw the sea;
Yet now I know how the heather looks,
And what a wave must be.

I never spoke with God,
Nor visited in Heaven;
Yet certain am I of the spot
As if the chart were given.

わたしは荒野を見たことがない
海も見たこともない-
でもヒースがどのように揺れ
波がどのようなものか知っている

わたしは神と話したことがない
天国を訪れたこともない-
でもその場所をはっきりと知っている
まるで切符を手渡されたかのように   (P1052 岩田典子訳)


(写真はジャネット・ウインターの本の表紙。そのうち買いたい本の中の一冊。)

後記:以前、「洗礼を拒んだ」と書いており、実際多くの本にそう書かれていたのですが、
その後調べたところ、洗礼は生まれたときに慣習として受けたが、
堅信を拒んだことが分かりましたので、修正しました。
(『エミリー・ディキンソンを読む』(岩田典子)による)
[PR]
by youyouhibiki | 2008-01-05 00:08 |  ウィンター/ディキンソン | Comments(0)

ジャネット・ウィンターの伝記絵本

e0098256_20822100.jpg

今日は雨の中、図書館に予約した本を借りに行った。

借りたのは『ビアトリクス・ポターのおはなし』
(ジャネット・ウィンター絵と文・長田弘訳・晶文社・2007/3月刊)。

作者のジャネット・ウィンターは「絵本伝記作家」で、
私はこの人にかなりハマっている。

『バスラの図書館員-イラクで本当にあった話-』(晶文社)では
イラク戦争の折、図書館の本を戦火から守る図書館員の物語を描き、
『私、ジョージア』では、画家のオキーフの伝記を描いている。

彼女自身が画家だけあって、『私、ジョージア』では、
画家の創作の秘密のようなものが上手く描かれていて素晴らしかった。

それでは今回借りた『ビアトリクス・ポターのおはなし』はどうかというと、
ビクトリア時代に(いかにもあの時代らしく)子ども本位でない育てられ方をした
個性的な少女の物語なのだけど、いまの時代でも
ちょっとたいへんな育てられ方をする子どもというのは
ずいぶんいっぱいいそうで、そういう子どもたちが読んだら、
きっと「こんな生き方もあるんだ」と安心できそうな、そんな本だと思う。

もちろんお説教くさくなんてない。むしろ、その反対だ。
そして魂の奥深くにしみこんでくる。

たとえば、

「ふしぎなことですが、絵は、見て揺さぶられると、
その印象がこころのとんでもなく深いところにのこるのです。」

というような文章。
子どものうちにこういう文章にふれることができるとしたら、
その子どもはきっと幸せだろう、とは『私、ジョージア』を読んだときも
思ったのだが。。。

「伝記」というジャンルが好きなほうでよく読むほうだが、
ジャネット・ウィンターはまだ若い方のようで、これからもどんな作品が出されるか、
将来が楽しみだ。

実は先日映画『ミス・ポター』を見に行った。
http://www.excite.co.jp/cinema/miss-potter/

ポターという女性も、とても魅力的である。
ビクトリア時代という時代も、なんだかミステリアスである。

というわけで、このあたりについては、少しまとまって本を読んでみようと思っている。


画像は晶文社のサイトより:
http://www.shobunsha.co.jp/bibliotheca/young/#ha_08


追記:ウィンターは1936年生まれ。
[PR]
by youyouhibiki | 2007-09-30 20:11 |  ウィンター/ディキンソン | Comments(0)


本のこと、詩歌のこと、美術展のこと、and so on...


by youyouhibiki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

about me

カテゴリ

全体
美術
詩歌(下記以外)
 連句・歌仙
本(下記以外)
 装幀・デザイン
 アルスのノートと本
 平安~鎌倉の文学
 芥川/片山廣子
 ポール・クローデル
 ウィンター/ディキンソン
音楽・演劇・映画
旅・散歩(下記以外)
 練馬/東京散歩
 鎌倉散策
 花遍路 豊島八十八箇所
写真
仕事
思う・考える
コルベ神父
つくる
衣食住
Dogs & Cats, etc.
子ども時代
未分類

検索

以前の記事

2017年 06月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
more...

記事ランキング

最新のコメント

コメントありがとうござい..
by youyouhibiki at 23:51
コメントありがとうござい..
by youyouhibiki at 22:54
古書通さま お知らせあ..
by youyouhibiki at 14:08
昨日、小町通に行きました..
by 古書通 at 08:31
dizire_san ..
by youyouhibiki at 00:04

画像一覧