カテゴリ:つくる( 16 )

ハッピー・イースター

e0098256_12142294.jpg

毎年、日にちは前後しますが北半球では、イースターは花の季節。
そしてこれからは鳥たちの恋の季節(鳥ばかりではないけれど)、
いのちの季節になっていく、ちょうどそんな時期に当たりますね。

上のカードは、この一週間で見つけた花たちのブーケです。
[PR]
by youyouhibiki | 2013-03-31 12:17 | つくる | Comments(0)

今年の年賀状

2011年の年賀状には、秋からお稽古している「書譜」の中の
「尋」という字を選びました。
いつもは先生に字を見ていただくのですが、今回はお稽古日の関係で
見切り発車で作ることになりました。

家でお手本を見ながら書いていたのですが…

あれ? この字、うさぎに似てない? 耳をつけたらほら…。

というわけで、このような年賀状になりました。

e0098256_23592664.jpg

「葦手」というのもあるから、いいわよね(と、自分に言い聞かせる)。

9日が初稽古、先生何とおっしゃるでしょう?

とまれ、今年も多くを尋ねる年にしたいものと思っておりますm(_ _)m


(「尋」を書いてスキャン、PCで月?、文字と合わせてプリント。耳は手書きです。)
[PR]
by youyouhibiki | 2011-01-07 23:53 | つくる | Comments(0)

封筒

e0098256_09426.jpg

昨日、神保町にある和紙のお店で買いました。
藁を漉きこんであってしかもリバーシブルです。
そこで封筒をつくってみました。
型紙はネットでダウンロードしてイラストレータで作成→変形。
定型の最小が90ミリ×120ミリなのだそうで、
それより少し大きいサイズにしてみました。なぜか洋封筒です。

一枚の紙から3枚の封筒と3枚のポチ袋ができます。
(ポチ袋までは手がまわりませんでしたが…。)

それから、最近知った「蝋引き」というのをやってみました。
やり方は、これもネットで検索です。

e0098256_015525.jpg


左が蝋(ロウ)引き。アイロンでちょっと焦がしそうになりましたが(^^;;

そんなこんなで楽しく封筒作りに励んだのですが、
作り終えてハタと気づきました。

「最近、筆無精になっていて、封書はおろか葉書すら書いていない……orz」

「そうだ! 月末だし、請求書入れて送ろ!!(uso)」
[PR]
by youyouhibiki | 2009-10-30 00:18 | つくる | Comments(2)

いよいよ描き文様

e0098256_21265436.jpg

継ぎ紙教室はいよいよ描き文様にすすみました。。

2年半前、継ぎ紙を習い始めようと思ったときに
この文様を描くためには筆が持てなくては…と思って
書道をはじめたのでした。

なにしろそれまではまっすぐな線を書こうと思ってもクネクネしてしまい、
たとえば私の苗字の最初の「中」なんてのもまったく書けない私だったのですから。。。

途中、左ヒジを痛めて継ぎ紙教室はお休みしていたのですが
書道はずっと続けていたので、
このたびちょうどうまいぐあいに(?)、鳥を描くことができました。
(まだ下手っぴです。)

ほかにもススキ、ヤナギ、ナデシコ、松などを描かなくてはならず、
毎日少しずつ練習をはじめてます。

教室の先輩の中には、継ぎ紙を習うときに書道と表装も習いはじめたと
おっしゃる方もいらっしゃり……この道はほんとに奥が深い。。。

書道も、習い始めた動機は不純でしたが、
先生の熱心な指導によって書の魅力と奥深さを知り、
日々研鑽中です。(^^;;
[PR]
by youyouhibiki | 2009-09-23 21:31 | つくる | Comments(2)

ワークショップ

先日、美篶堂さんに寄ったとき、
9月20日に木口木版のワークショップがあると聞き、
参加を申し込みました。

で、そのとき私は「木口木版」というのをまったく分かっていませんでした。
普通の年賀状で彫る版画みたいなのを考えて参加したのですが、
木口木版とは実際にはこんなの↓でした。

e0098256_21151382.jpg

木の断面の方…とても固い…を彫るので、
銅版画みたいにビュランというもので彫るし、
そのかわりに細かな線が描けるんだけど……。

私は簡単な白黒のものがいいと思ってウサギの絵をトレペに描いていき。。。

ワークショップ現場で「わわわっ、これはチガウ!!!」ということに
気づいたのですがあとのまつり。

結局、月や草みたいなのを継ぎ足してみたのですが、
ともかく出だしからしてそんな調子なので細かくて美しい線など出せるはずもなく。。。

ですが、どんな子でも我が子ならいとおしく、
ローラーでインクを塗ってバレンでこすって紙を剥がすときは
かなりの感動ものでした。

e0098256_21212920.jpg
わー、はずかし。。。

でも今度また木口木版のワークショップがあったら、
図案からよく考えてもう一度参加しようと思ってます。(^^;;
それにしても楽しかったです。


(木口木版は、活版と組み合わせて印刷することができます。
なので、挿絵としてヨーロッパで発達しました。発祥地はイギリスです。)
[PR]
by youyouhibiki | 2009-09-23 21:13 | つくる | Comments(0)

できた!

肘を痛めて中断していた継ぎ紙教室ですが5月から再開。
やっと中級になり、自分でデザインもするようになりました。
トレッシングペーパーにレイアウトを描いて、
紙をみながら配置を決め、
目打ちでそれぞれのパーツをつって継ぎ、
裏打ちをして乾かす……。

昨日は乾燥もじゅうぶんできて完成!(うれしい♪

これから、紙の草木染め、銀銀の箔散らし、描き文様、雲母(きらら)刷り、墨流し…と
さらに紙とのおつきあいが深くなります。
継ぎ紙は、平安末期くらいに栄えた紙の総合芸術ですが、
和紙ってほんとうに素晴らしい!と思います。
e0098256_1341350.jpg

e0098256_13411524.jpg


先生に「自分でデザインしてみて」と言われても
何をどうやったらいいか分からず……
ちょうど旅行から帰ったばかりだったので、
琵琶湖と奈良をイメージしてつくりました。
欠点もいろいろあるけど、いい旅行の思い出に……。
(小学生の夏休みの宿題っぽい?w)

これは料紙で、何枚もつくると粘葉本(でっちょうぼん)にすることができます。


粘葉装=糸を使わず糊だけで制作する冊子の装幀方法。
平安時代の冊子はほとんどこの方法で作られている。
見開き2ページ分の用紙を2つ折りにし、順に綴じるため(糊で平綴じ)、
完全に水平に開くページと、そうでないページが交互にできる。
また、紙の裏側も使うことになるため、デザイン的には
あらかじめ裏面の見え方も考慮する必要がある。
[PR]
by youyouhibiki | 2009-07-19 13:33 | つくる | Comments(2)

封緘紙(ふうかんし)

e0098256_22114451.jpg

封緘紙、というとちょっと大げさ。シールです。
茶封筒って殺風景なので、作ってみました。

フォントをロゴにした本のマークは、
イラレで1ピクセルぼかしを入れて和紙に印刷(インクジェットプリンタ)。

継ぎ紙↓のときの紙を切る(裂く)手法を使って、
目打ちで1ミリ間隔に穴を穿ち、
同じく目打ちで穴と穴の間を裂いていきます。

ぼかしと言い、和紙の手触りといい、
シャープでないものもいいなぁ、と思います。。。

e0098256_22123977.jpg

[PR]
by youyouhibiki | 2009-07-16 22:16 | つくる | Comments(2)

写真にハマり中

e0098256_121977.jpg


PENTAX X70を手にしてからというもの、
おもちゃを手にした子どものように、
カメラにハマっています。

こちらのブログは文章中心、
あちらのブログは写真中心、と思いつつも。。。

ついついあちらのブログをアップしている私です;;

そういえば最近、本も読んでいないな。。。
[PR]
by youyouhibiki | 2009-07-03 01:02 | つくる | Comments(0)

まったり

今日は、久しぶりに豊島八十八箇所を周ろうと思っていたのですが、
雨が降り始めたので中止し、
家でまったりしました。

輪読会へ出席することにしたら
毎週、数行だけど訳さなくてはならないことが判明
(当然といえば当然の成り行きですが。。。)。
学生時代以来の「英文和訳」ってのをやっています。

それにしても便利な世の中。
私は電子辞書を持っていないのですが、
ウェブ辞書ってものがあり。。。隔世の感があります。

e0098256_21474028.jpg

話は変わりますが、先日来、あいかわらず編み物に凝っています。
もっぱら小物を作っていたのですが、やや凝ったものに挑戦したくなり、
親友に贈るストールを作ってみました。
ラベンダー色が好きな彼女のために布と、それに合う糸を選びました。
こういうのって楽しいですね。

今度は何を作ろうかな。。。
[PR]
by youyouhibiki | 2009-06-28 21:42 | つくる | Comments(2)

製本 その2(花のアルバム)

e0098256_10512764.jpg

小さな花をアップで撮って、
図鑑で花の名前を調べてみます。
よく見る花なのに、名前を知らない花がいっぱいあります。

そうして調べたら、名前入りでプリントして、
さてどうしよう。。。

というわけで、花のアルバムをつくってみました。
e0098256_10302755.jpg


e0098256_10312598.jpg



ちなみに写真の花はヒメオドリコソウとオニタビラコ。
[PR]
by youyouhibiki | 2009-05-08 10:34 | つくる | Comments(5)


本のこと、詩歌のこと、美術展のこと、and so on...


by youyouhibiki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

about me

カテゴリ

全体
美術
詩歌(下記以外)
 連句・歌仙
本(下記以外)
 装幀・デザイン
 アルスのノートと本
 平安~鎌倉の文学
 芥川/片山廣子
 ポール・クローデル
 ウィンター/ディキンソン
音楽・演劇・映画
旅・散歩(下記以外)
 練馬/東京散歩
 鎌倉散策
 花遍路 豊島八十八箇所
写真
仕事
思う・考える
コルベ神父
つくる
衣食住
Dogs & Cats, etc.
子ども時代
未分類

検索

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
more...

記事ランキング

最新のコメント

コメントありがとうござい..
by youyouhibiki at 23:51
コメントありがとうござい..
by youyouhibiki at 22:54
古書通さま お知らせあ..
by youyouhibiki at 14:08
昨日、小町通に行きました..
by 古書通 at 08:31
dizire_san ..
by youyouhibiki at 00:04

画像一覧