カテゴリ:仕事( 20 )

上半期の総括 その2

e0098256_0135.jpg

ずっとmacで仕事をしていたのですが、
6月にスタッフからWindowsのマシンをもらったので
InDesignCS5を購入してそちらに入れました。

私のMacは、OSが10.3なので、InDesignCS3以降が
インストールできなかったのです。
しかも、ブラウザも新しいヴァージョンのが入れられず、
かなり限界まできていました。
新しいmac買うべきか…と思っていたところ
Winを貰ったので、思いきって切り替えた、というわけです。

そうしたら、今までMacでは出力にものすごく時間がかかっていた
プリンタが、ビュンビュン出力するので、びっくりしました。
今まで夜中、寝ているときに足元で出力していたのはなんだったのか……。

途中の仕事もあるので、Mac+InDesignCS2も使っていますが、
新しい方がなんでも使い勝手はよくなっている(はず)なので(慣れれば)、
これから更に効率よく仕事ができると思います。

それから、複合機(fax+スキャナ+プリンタ)をA3対応のに変えました。
去年から今年にかけて、赤字がものすごく多い修正をやって、
そのとき、ゲラがB4で、時間がないというのにファックスできず、
泣く泣く自分で校正までしたので、買う決心をしたのです。
(今までのA4対応のものは、今後外注をお願いする方に差し上げました。)

ずっとmacユーザだったのにな。。。
macの方がニューヨーカーのようにスタイリッシュだったのにな。。

だけど、このスタイリッシュがとうとうアダとなってしまいました。
ずっと君とつきあうにはお金かかりすぎるし。。。
プリンタだって銀行振り込みだって、君についていけないじゃないか。。。
(銀行振り込み、去年の時点ではWinだけって言われました。)


今のところは両方立ち上げて使ってます、ええ。
(クーラーのない部屋でとても暑いあるよ。)
[PR]
by youyouhibiki | 2010-07-30 23:39 | 仕事 | Comments(0)

上半期の総括 その1

e0098256_20363791.jpg

スタッフと協同で組版をしているほか、個人では
自費出版などのお仕事をお請けしています。
去年の『現代どどいつ20人集』に続き、
今年は中野区にある日本基督教団東中野教会の
創立100周年誌『教会と私』のお手伝いをさせていただき、
無事に納品することができました。

  紙のことをお教えいただいた装丁家のT先生、
  教会内部の暗い写真を補正してくださったYさん、
  いろいろお世話になりありがとうございました。
  (今度ぜひ本を見ていただきたいと思っております。)

ふだんの仕事は、出版社、編集者さん、印刷会社などから請けており、
ある程度フォーマットの決まったもの、
指定のされたものを組むことが多いのですが、
自費出版や、今回の本などの場合は、
直接書き手の方とお会いする、ご要望を聞く、
相談を受ける…などなどがあり、実に多くの刺激を受けます。

特に今回の場合は、カトリック校育ちの私が
はじめてプロテスタントの教会に行かせていただいたこと、
編集委員長の方から「上品な本をつくりたいんです」と言われたこと(!)、
またその方がこのブログをご覧になって、お兄様も連句をしていらっしゃるとのことで、
私の連句の冊子を差し上げたり逆にいただいたり、
そのお兄様が訳していらっしゃる本をいただいたり…というオマケもついて
とても楽しい経験をさせていただきました。

この教会の初代牧師・由木康先生は、パスカルの『パンセ』を
日本ではじめて完訳された方でもあり、
日本でおそらく一番知られた讃美歌「きよしこの夜」はじめ
「きらきら星」ほか多くの曲を訳詩された方。
また、カトリックとプロテスタントのエキュメニズム運動
(キリスト教の超教派による結束を目指す主義、
キリスト教の教会一致促進運動)もすすめていらっしゃった方でした。
現在の牧師先生も、四谷にあるカトリック教会で講義をしていらっしゃったことなどを聞き、
私もとてもリラックスして(?)お仕事をさせていただきました。

編集会議は毎週土曜日か日曜日午後にあったのですが、
おそらくそれまでは部外者の私がいるからと遠慮していらっしゃった
会議の前のお祈り…よい本が無事にできますように…を、
最後の集まりのときには、牧師先生の先唱のあと、
一同が「アーメン」と唱えるのですが、
私もご一緒させていただいたことは、きっといつまでも
忘れられないことでしょう。

ちょうど上半期も終わり、仕事も後半へとさしかかる訳ですが、
前半期のこの貴重な経験を胸に、後半へと繋げていくことができれば……と
思っています。


  日曜日午後の教会オルガンの音(ね)に満たされつ編集を終ふ    拙歌



      ウエストミンスター寺院

  神をほむる歌声さして高からねわが内奥の霊に触れくる      由木 康

                (由木先生の短歌は『教会と私』 歌集「人間のいる風景」より)
[PR]
by youyouhibiki | 2010-07-29 20:07 | 仕事 | Comments(0)

今年の抱負

e0098256_2392539.jpg

えー、すでに2010年も24分の1以上を消化している今ごろ、
「今年の抱負」?とお思いの向きもあろうかと存じますが、
一年の計はやっぱり書いておこうと…。

○仕事がんばります。

以上。

前の冬、その前の冬と体調が悪くって、一時は
「このまま仕事続けられるだろうか??」と思いさえしたのですが、
幸いなことに整体の先生に、呼吸法を習ってずいぶん元気になりました。

なので、今年は自分でも「仕事した~い」と思っています。

もちろん、身体も鍛えないといけないので、
もう少し暖かくなったらポタリングってのをやりたいとも思っています。


写真の花はバラではありませんが、名前忘れてしまいました。なんだっけ…。
[PR]
by youyouhibiki | 2010-01-19 23:10 | 仕事 | Comments(2)

喧(かまびす)しい

e0098256_0435097.jpg

すっかりブログの更新が遅れてしまいました。

去年の暮れ、友人がtwitterに入ったのを期に、私も入ってみました。
すでにtwitterに入っていた友人のほか、
本屋さん、出版社さん、編集者さん、著者さんの声も直に聞けるのが
twitterのいいところ。
ですけど年末からこちら、話題はどうしても
amazonのkindle(電子書籍リーダーとそのコンテンツ)
本の今後のことなどが多く、
twitterで本のことについて対談していらっしゃる方もあり、
ついつい不思議の国ならぬtwitterの国に
迷い込んでいました。

さすがその道のプロだけあって、皆さんものすごい量の更新で…
(ただし1更新140字という制限あり)。
(そうやって書きながら頭の中を整理したり、
書くことの整理をしていらっしゃるのでしょうか?)

そして今日は、Amazon DTP が多言語対応。ついに世界中から自費出版可能に!
という情報が流れていました。
さて、私が今やらせていただいている仕事は、今後どうなる……!!

これからもある程度、世の中の流れは見ていきたいと思っています。
ですけど、実を言うとそれほど焦ってない、いや、焦っても仕方ないと思っている。
手動機で写植やっていた私、ある年の12月、売上げが過去最高になった翌々月に、
売上げが限りなくゼロになったことがあります。
その時は、夫がいち早くPCに移っていたので、なんとか凌ぐことができました。
今回は、どうかなぁ? そういう別枠もないけど、
なんとかやっていけたらいいなぁ……(希望的観測w)。


情報量の制御が難しい今日この頃、twitterに入るとまた
情報量が増えるきらいはありますが、
そこでの連句は、やりやすいかもしれません。
そういえば、140字という縛り、俳句の十七音という縛りと似ているかも、
twitterでのおしゃべりも、話がどんどん変化していって、
ちょっと連句的か、なんて思ったりしています。
[PR]
by youyouhibiki | 2010-01-18 00:38 | 仕事 | Comments(2)

トナー>プリンタ

e0098256_1794825.jpg

仕事のオニと化している昨今の私です。


さて確か去年の11月頃、レザープリンタを自宅用、しかし仕事用に買いました。
定価7万台のを半額程度で。

トナーはA4で12000枚印字可能でしたが、
B4で出力することもあり、約10ヶ月でなくなってしまいました。

で、再生カートリッジを買ったのですが、
最近印字がうすくなってきてしまい、
おそるおそるプリンタの掃除をしたり
(注:「ここは触ってはいけませんという箇所がいくつかあり)、
トナーをふったりしてみましたが(注:「何度もこれでうまくいった」と夫が言うので)、
あまり効果ありません。orz

もしかして再生トナーがいけないのか。。。と思うものの
純正トナーは定価が4万台なので量販店で3万台。もっと安くて2万台後半。


ってことはプリンタ買い換えても同じくらいの金額???orz


結局、濃度を上げてプリンタすればなんとか大丈夫そうなので、
このままがんばります。
(Macってプリンタの使い方がWinほど便利じゃなくって、どうも使い勝手悪いです。)

ほんとはもう少しお高いプリンタでなくてはいろいろと
不便だったりするのですが、
来年はInDesignCS4にバージョンアップもしなくては。。。
などと考えると出費はできるだけ抑えたいし。


さーて、と、また仕事にもどります。>オニ
[PR]
by youyouhibiki | 2009-12-15 17:04 | 仕事 | Comments(2)

竜田姫

e0098256_23151498.jpg

春の佐保姫が妹だとしたら、竜田姫はちょっとお姉さん、だとして、
その姿を知っている人はおりません。

がしかし、想像するにこの樹の感じなのではと…。

武蔵大学構内にあり、幹の周りが1.4メートル。
練馬の名木に数えられています。
写真ブログにも載せましたが、こちらにも。

今年は、雑司ヶ谷の大公孫樹(樹齢800年)はじめ、
大きな樹の紅葉・黄葉に出会いました。
どれも燦然と輝いており、いのちの素晴らしさを改めて感じました。
それらの樹が過ごした「時」もまた偉大です。
[PR]
by youyouhibiki | 2009-11-29 23:21 | 仕事 | Comments(0)

本に添えて

e0098256_203498.jpg

出来上がった本を、同級生のお父上に送りました。
そのお父上は今年めでたく米寿をむかえられました。
SNSで書いていらっしゃる短歌日記を
いつも楽しみに拝見させていただいてます(HN おんたいさま)。
先日、お米をいただいたE先生も父のような存在、と書きましたが、
おんたいさまもまた父のような存在であり短歌の師でもある存在です。
以下、本に添えた手紙です。

         *     *     *

おんたいさま

霜月ともなり、まわりの景色も冬めいてまいりました。
最近日記が最近更新されないので、お元気でいらっしゃるか案じておりましたが、
先日、いつもとかわらない日記を拝見してほっといたしました。

さて私、連句の会「鹿吟舎」の先輩 ○○○氏から、連句とは別にやっていらっしゃる
どどいつ集出版のお手伝いをさせていただくこととなり、この度やっと
『風のしらべ 現代どどいつ自選二十人集』を刊行することができました。

ご存じの通り「七七七五」形式のどどいつですが、
ここにあるどどいつの多くが「折り込み」になっています。
たとえば

   も ろ い 商 売
   ま へ ん や ろ か
   っ ぱ り だ す な ァ
   な い ま へ ん

ですと「おおさか」が折り込まれています。
どんなお題が隠れているか探しながら、どどいつを楽しんでいただければと存じます。

今回は、どどいつをやっていらっしゃる方々への参加呼びかけの案内状や、
参加者の方々が書きやすいようにオリジナル原稿用紙をつくったり、
編集・校正・印刷の手配など本づくり全体に関わらせていただきました。
また、どどいつの普及につとめていらっしゃる○○○氏の師の
「どどいつを広く後世にまで伝えたい」とのご意思から
ISBNコードを取得、まがりなりにも「出版者」と名乗ることにもなりました。

いま現在、出版されている本の数は夥しく、
またそれにもかかわらず出版不況が言われておりますので、
上を見れば目眩がしそうですが、自分の周辺から見ていけば
本の必要性は決してなくなることがないと信じています。
ですので私も少しでもこの仕事に携わっていければと思っております。
(従来通り、組版の仕事はスタッフとともにやっており、
自費出版はそれとは別に請けています。)

思い起こせば、おんたいさまと日記でお目にかかるようになった頃は、
私も出版業界という大きなものをカタマリで捉えてもがいていた時期でしたが、
もう少し自分の枠を拡げてみようと製本を習い、『時局三吟』を製本した時期でした。
そして『時局三吟』を差し上げた父の旧友(都立高校で社会を教え、
そののち画家になられた方)が、「自分の教え子に連句をやっている人がいるから」と
教え子(上記の○○○さま)に『時局三吟』を差し上げてくださり、
その後、○○○さまのお父様と私の父が同じ職場だったことや、
市原豊太先生にフランス語を習われてたことなどから、
若輩の私なのに連句の会に誘ってくださったのでした。
そう考えると、いろいろな不思議なことが本を巡って起こっているようでもあり、
市原先生や父に見守られているようにも思います。

おしゃべりが長くなりましたが、おんたいさまには
腰痛どうぞご無理なさらずお過ごしくださいませ。
日記はときどきでも一行でも書いていただけましたら、幸いです。
あ、でもくれぐれもご無理はなさらないでくださいませ。

e0098256_20344657.jpg

追伸 最近は連句のためにもっぱら俳句を勉強中です。
いつもは短歌を添えさせていただくのですが、
今回はこのような俳句(?)を添えさせていただきます。

   凍る日の 蝶は黄花を 好みおり     きらら
[PR]
by youyouhibiki | 2009-11-15 19:56 | 仕事 | Comments(2)

ちょっと一服

e0098256_2301643.jpg

例年通り夏はヒマになるだろうと思っていたのですが、
今年は急ぎの仕事が立て続けに2本も来て、追われてしまいました。

ふだんは学術書が多いので、
だいたい3ヶ月から半年、長いものだと1年くらい(もっと?)、
  著者←→編者←→組版
を行ったり来たりして印刷用のデータは出来上がるのですが、
今回は8月に3週間で1冊、その後また1冊を一昨日仕上げました。

長年仕事を続けているので、ある程度手早くなっていたり、
ここは慎重にやらないといけないな、という危機意識は
昔より強くなっているのですが、
2冊目は2色だったこともあり、かなり神経を使いました。

今日は出がらし状態です。
少し頭をカラッポにしないと。。。
煙草を吸わない私ですが、「ここらでちょっと一服」。

(しょっちゅう一服してるじゃないの、という声も聞こえてきそうですが。)




※ 写真はマンサクの花
[PR]
by youyouhibiki | 2009-09-09 23:05 | 仕事 | Comments(4)

呉服屋さんの店先

e0098256_18481845.jpg


江戸川橋に納品に行きました。
得意先近くの呉服屋さんの店先です。

なごみますね。。。

帰りは晴れましたよ♪

e0098256_18495331.jpg

[PR]
by youyouhibiki | 2009-06-22 18:50 | 仕事 | Comments(3)

本をもらう

e0098256_204103.jpg

最近、スタッフと私が組んだものが本になり、
何冊か得意先からもらってきました。

データ納品から印刷・製本にまわり、本になるまでの間は
私たちの手の届かないところでの作業になるので、
本をいただくとほっとします。

  ミスがなくってよかった~~~

というのが第一の安堵感です。
[PR]
by youyouhibiki | 2009-06-04 20:10 | 仕事 | Comments(0)


本のこと、詩歌のこと、美術展のこと、and so on...


by youyouhibiki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

about me

カテゴリ

全体
美術
詩歌(下記以外)
 連句・歌仙
本(下記以外)
 装幀・デザイン
 アルスのノートと本
 平安~鎌倉の文学
 芥川/片山廣子
 ポール・クローデル
 ウィンター/ディキンソン
音楽・演劇・映画
旅・散歩(下記以外)
 練馬/東京散歩
 鎌倉散策
 花遍路 豊島八十八箇所
写真
仕事
思う・考える
コルベ神父
つくる
衣食住
Dogs & Cats, etc.
子ども時代
未分類

検索

以前の記事

2015年 07月
2015年 01月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 09月
more...

記事ランキング

最新のコメント

コメントありがとうござい..
by youyouhibiki at 23:51
コメントありがとうござい..
by youyouhibiki at 22:54
古書通さま お知らせあ..
by youyouhibiki at 14:08
昨日、小町通に行きました..
by 古書通 at 08:31
dizire_san ..
by youyouhibiki at 00:04

画像一覧