4月に読んだ本

図書館で須賀敦子さんの本を借りようと思ったら読んだものしかなかったので、
たまたまお隣にあった『神の棘』(須賀しのぶ・早川書房)を借りました。

e0098256_222834100.jpg
男は神を棄て、栄光を手にした――
激動のナチス・ドイツを貫く、二人の青年の魂の相克! 
『キル・ゾーン』『流血女神伝』などの軍事冒険小説で
高い評価を受ける著者が、ミステリ界に新たな足跡を刻む、
全2巻連続刊行の歴史ロマン巨篇。

1935年、ドイツ。若く優秀な保安情報部(SD)員アルベルトは、
党規に従い神を棄てた。そして上官のハイドリヒから、
ヒトラー政権に反発する国内カトリック教会の摘発を命じられる。
一方、アルベルトの幼馴染マティアスは、大恐慌で家族を失くし、
修道士として静かに生活していた。
道を分かたれたはずの二人が再び出会ったとき、
友情と裏切りに満ちた相克のドラマが幕を開ける。
全二巻連続刊行の歴史ロマン大作!(早川書房HP)

本を借りたときは、表紙の絵↑からして、
また、須賀しのぶさんはライトノベルの作家とどこかに書かれていたので、
どちらかというと軽い感じの本を想像していたのですが、違った。
えーっ、こんなにハードでいいの? そう思いながら読みすすみました。
何しろ読み始めると一気読みするタイプなのですが、
さすがに上下巻はたいへんだった。
(じっくり読みたいのと、先へ急ぎたいのとで)。
下巻最初で少し中だるみしたのですが、この部分も後で重要になってくる。
下巻途中からはまさに一気読みでした。

いやー、すごい作家さんだなぁ。
なんでも学生時代のご専門は史学@上智大学とか。
第二次世界大戦前後のドイツの空気を、
おそらくものすごく的確に綴っておられると思う。
その中で、正義と悪、神と人間…と言う普遍的でもあり個別的でもある
様々な問題を展開しておられる。
しかも最後の一ページまで、結末が分からない。

友人に聞くと、須賀しのぶさんはコバルト文庫で読んでいたとのこと。
なつかしいコバルト文庫も読んでみたくなりました。

e0098256_22352277.jpg

ちなみに、発売直後に装丁が変わったんだそうです。
雰囲気にあわせたのかな? いまの装丁はこちら↑です。
[PR]
# by youyouhibiki | 2013-04-25 22:35 | 本(下記以外) | Comments(0)

今日の朝ごパン

e0098256_18233946.jpg

それはご覧のとおりのアンパンマン。
「へー、アンパンですか?』
「いえ、それがチョコレートクリームパンなんです。。」

そのミスマッチが子どもたちに大ウケとかで、
あっという間に売り切れです。
たまーに見つけると「やったー!」ということで
もちろん購入いたします。

練馬区は新桜台ー江古田近辺、というか江古田の税務署近くの
ブーランジェリー・ジャンゴというお店のパンです。
最近、違うお店でも見かけますが、ここのクリームがだんぜん美味しい。
ほかに、江古田はちみつ(武蔵大学屋上で養蜂)入りのパンも
とても美味です。
[PR]
# by youyouhibiki | 2013-04-22 18:16 | 衣食住 | Comments(0)

写実と幻影 〜「牧野邦夫―写実の精髄」展 〜

e0098256_21424224.jpg

練馬区立美術館「牧野邦夫―写実の精髄」展
平成25年4月14日(日曜)〜6月2日(日曜)

に行きました。
高度な油彩の技術で、胸中に沸き起こる先鋭で濃密なイメージを描き続けた
牧野の生涯は、描くという行為の根底に時代を超えて横たわる写実の問題と
格闘する日々でした。
レンブラントへの憧れを生涯持ち続けた牧野の視野には、
一方で伊藤若冲や葛飾北斎、河鍋暁斎といった画人たちの系譜に連なるような、
描くことへの強い執着が感じられます。
また、北方ルネサンス的なリアリズムと日本の土俗性との葛藤という点では、
岸田劉生の後継とも見られるでしょう。
                       (練馬区立美術館HPより)

1986年61歳で逝去された牧野邦夫という作家のことはまったく知らず、
「写実の精髄」という副題からはどちらかというと写生的な絵を想像していたのですが、
期待はよい意味で裏切られました。

レンブラントを唯一の師と仰ぐこの作家の人物を描く方法は確かにレンブラントに
肉薄しているのですが、「何を描くか」という地平で展開される
幻想と幻影に満ちた世界は、とても魅力的であり、また、
日常性をあっという間につきやぶり、知らない世界へ導いてくれます。

ひじょうに濃密な絵画展です。

e0098256_2148147.jpg


(上の写真はいずれも美術館前で撮りました。
牧野邦夫の絵画の一部をこちらでご覧になれます。)
[PR]
# by youyouhibiki | 2013-04-20 21:40 | 美術 | Comments(0)

長谷寺の牡丹

鎌倉の長谷寺へ行きました。
帰ってから、大正時代に奈良の長谷寺を訪れた
ポール・クローデルの『百扇帖』(山内義雄訳)を開いています。

e0098256_1321356.jpg

      白牡丹の芯にあるもの
      そは色にあらず色の思ひ出
      そは匂にあらず 匂の思ひ出

e0098256_1322875.jpg

      牡丹花 その真紅のいろ
      そは われにあってはるかに思考に先だつもの

e0098256_13234460.jpg

      わが 地の涯より来りしは
      初瀬寺の白牡丹
      そのうち一片淡紅の色を見んがため

e0098256_13252496.jpg

      君もしこの匂を知らんとならば
      すべからく目を閉ぢよ

e0098256_13261691.jpg

      目を閉づるとき 牡丹花曰く
      ここにわれ在り

e0098256_13273263.jpg

      目をひらくとき 牡丹花たちまち消えて無し
      その匂 かぎつくされてあますなく
[PR]
# by youyouhibiki | 2013-04-19 12:10 |  ポール・クローデル | Comments(0)

貴婦人と一角獣

e0098256_2134192.jpg
来るフランス国立クリュニー中世美術館所蔵 貴婦人と一角獣展
     (東京:4月25日〜7月15日 国立新美術館)
に併せて読んでみました。
『貴婦人と一角獣』(トレイシー・シュヴァリエ著/白水社Uブックス)
十五世紀後半にブリュッセルで制作された連作タピスリー《貴婦人と一角獣》は、中世美術の傑作として名高い。鮮やかな赤を背景に、貴婦人が一角獣を誘惑する姿を織った六枚のうち、五枚はそれぞれ人間の五感を表わしている。しかし、六枚目の意味については諸説あり、制作の経緯や来歴もいまだ多くの謎に包まれている。本書は、これまで判明しているわずかな史実から卓抜な想像力を駆使し、タピスリー誕生までの経緯を縦糸に、制作に関わる人々の人生を横糸にして綴られる歴史小説である。
ある貴族からタピスリー制作の依頼を受けた女たらしの絵師ニコラは、依頼主の娘クロードに一目惚れするが、禁断の愛をかなえるには多くの困難が待つ。図案を仕上げたニコラはブリュッセルの工房に下絵の手伝いに出かけるが、親方の娘アリエノールにも心惹かれる。しかし彼女にはある秘密があり、ニコラは懊悩する……。

ストーリーも面白く、当時の時代背景も分かり、
織物工場での作業工程なども分かり、
三拍子楽しめました。おすすめです。
(実は、後半の半分を夜中3時半までかかって一気読み。
今日はちょっと寝不足。。。)

それにしてもこのタピスリーは、いろんな作家が作品でとり上げていますね。
リルケの『マルテの手記』、辻邦生の『廻廊にて』などなど…。
それほどまで見る人に何かを語りかけているのでしょうか、
展示が楽しみです。
[PR]
# by youyouhibiki | 2013-04-15 21:46 | 本(下記以外) | Comments(0)

富士山

e0098256_0131874.jpg


乙女峠をバスで抜けるときの富士山です。
[PR]
# by youyouhibiki | 2013-04-11 00:14 | 旅・散歩(下記以外) | Comments(0)

八重桜

e0098256_21453983.jpg

先日、石神井公園の方へ行ったとき、庭師さんが桜の樹を切っているお宅がありました。
かなり高い樹で、電線に触れるところをカットしてもらっているとのこと。

e0098256_21455977.jpg

「お持ちになりますか? きれいな八重ですよ」とお宅の人に言われて、
そうしたら寡黙な庭師さんが持ちやすい大きさに切ってくださいました。

e0098256_21454915.jpg

今日はその花が満開。嬉しいことに私の大好きな色の八重でした。
薔薇に近いこの感じが好き。
花びらも、桜の中でも特に薄いのではないかと思っています。
[PR]
# by youyouhibiki | 2013-04-01 21:48 |  練馬/東京散歩 | Comments(0)

ハッピー・イースター

e0098256_12142294.jpg

毎年、日にちは前後しますが北半球では、イースターは花の季節。
そしてこれからは鳥たちの恋の季節(鳥ばかりではないけれど)、
いのちの季節になっていく、ちょうどそんな時期に当たりますね。

上のカードは、この一週間で見つけた花たちのブーケです。
[PR]
# by youyouhibiki | 2013-03-31 12:17 | つくる | Comments(0)


本のこと、詩歌のこと、美術展のこと、and so on...


by youyouhibiki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

about me

カテゴリ

全体
美術
詩歌(下記以外)
 連句・歌仙
本(下記以外)
 装幀・デザイン
 アルスのノートと本
 平安~鎌倉の文学
 芥川/片山廣子
 ポール・クローデル
 ウィンター/ディキンソン
音楽・演劇・映画
旅・散歩(下記以外)
 練馬/東京散歩
 鎌倉散策
 花遍路 豊島八十八箇所
写真
仕事
思う・考える
コルベ神父
つくる
衣食住
Dogs & Cats, etc.
子ども時代
未分類

検索

以前の記事

2017年 06月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
more...

記事ランキング

最新のコメント

コメントありがとうござい..
by youyouhibiki at 23:51
コメントありがとうござい..
by youyouhibiki at 22:54
古書通さま お知らせあ..
by youyouhibiki at 14:08
昨日、小町通に行きました..
by 古書通 at 08:31
dizire_san ..
by youyouhibiki at 00:04

画像一覧