よもぎ餅

イヌノフグリと一緒に摘んできた草を見て、祖母が
「あら、よもぎが生えてるのね。いっぱいあればよもぎ餅が作れるわ。」
と言った。

「えっ! この葉っぱ、食べられるの!?」

次に賀茂川に行くときは、祖母も一緒で、
よもぎ餅を入れる買い物かごも持っていった。

犬の散歩しそうなところは避けて、
傾斜のある土手でかごいっぱいのよもぎを摘むと、
家に帰ってまず水洗い。

それから茹でて、細かく切って、すり鉢で摺った。
「これくらい?」と聞くと
「もっともっと!」と言われる。
飽きてもまだ足りなくて、そのうち「もういいかしらね」ということになり

……それからどうしたのかよく思い出せない。

蒸し器で蒸すと、京町家独特の広くてひんやりした台所は、
湯気で暖かくなった。
いい匂いが台所にこもり、待ちきれない私。

……やがて蒸し上がったよもぎ餅を食べた。
あれだけよく摺ったはずだったのに、よもぎがちょっと口に残った。
だが、残念ながら味はよく覚えていない。

重労働がこたえたのか、
それ以後、家でよもぎ餅をつくろうとは、言わなかった。
いったいどんな味だったのだろう?
機会があればぜひ食べてみたいものの一つである。
[PR]
# by youyouhibiki | 2007-03-23 10:55 | 子ども時代 | Comments(0)


本のこと、詩歌のこと、美術展のこと、and so on...


by youyouhibiki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

about me

カテゴリ

全体
美術
詩歌(下記以外)
 連句・歌仙
本(下記以外)
 装幀・デザイン
 アルスのノートと本
 平安~鎌倉の文学
 芥川/片山廣子
 ポール・クローデル
 ウィンター/ディキンソン
音楽・演劇・映画
旅・散歩(下記以外)
 練馬/東京散歩
 鎌倉散策
 花遍路 豊島八十八箇所
写真
仕事
思う・考える
コルベ神父
つくる
衣食住
Dogs & Cats, etc.
子ども時代
未分類

検索

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
more...

記事ランキング

最新のコメント

コメントありがとうござい..
by youyouhibiki at 23:51
コメントありがとうござい..
by youyouhibiki at 22:54
古書通さま お知らせあ..
by youyouhibiki at 14:08
昨日、小町通に行きました..
by 古書通 at 08:31
dizire_san ..
by youyouhibiki at 00:04

画像一覧