連句ルネサンス?

e0098256_18133767.jpg

この1ヶ月くらい、私生活では俳句のことしか考えないくらい
俳句にはまってました。
読む本も、俳句の本ばかり。

俳句上達法とか句集とかいろいろ詠みましたが、
自分の俳句がよくなる以前に、ちょっと俳句と連句のことで気づいたことがあります。
 
正岡子規が従来の連句の発句だけを俳句と名付けたのは有名ですが、
その影響か明治に入ってから連句人口は激減しました。
一時、連句というとちょっと軽蔑されていた感無きにしもあらずです。
 
ところが最近の歌人、俳人の方々はずいぶん連句をされるようになっているのですね。
長谷川櫂氏はかなり前から連句の指導を若い方たちにしておられますし、
正木ゆう子の『夏至』(春秋社)あとがきによりますと
(前略)今回も前句集同様、句集に一般的な編年体にせず、敢えて言えば、
連句の構成をわずかに意識した。
「恋の座」を設けたのもそのひとつ。この時期、同人誌「紫薇」において、
眞鍋呉夫さんとの両吟の機会をたびたびいただいた。
新宿の喫茶店で半日をかけて連句を巻くとき、
私たちが俄然張り切るのは恋の座だった。(後略)
と書かれています。
 
正木さんの俳句はたとえば

  水の地球すこしはなれて春の月

  はつなつの馬五次元をこころざす

などが有名ですが、『夏至』の「恋の座」に含まれている

  月の出や草泊まりしてふしてみたく

も最近評判になっており、私も好きな句です。

(草泊まりとは、阿蘇の周辺で初夏に草を刈ったあと小屋に泊まること)

  注:コメントでお教えいただきまして、初夏に とありますが、「草泊まり」は仲秋の季語なのだそうです。
    訂正いたします。おかげさまで月の句の奥行きを感じることができました。2018年1月)

思うのですが、俳句を作ろうとするとどうしても自分と自分の目で見たことを
読みこむことになりがちなのか、と。
連句だといろいろなシーンを詠んでいくので、それを俳句に応用すると、
俳句の幅が広くなるのではないでしょうか?

などと、いっぱし生意気なことを申し上げましたが
実作がともないません。俳句の道はるかなり、です。
[PR]
by youyouhibiki | 2009-11-12 17:58 |  連句・歌仙 | Comments(7)
Commented by 米林 真 at 2010-08-06 12:59 x
岡山県連句協会の米林と申します。
御サイトはいつも興味深く拝読させて頂いていますがたいへんに精力的な執筆に感服しています。

本日は国文祭連句大会IN岡山の宣伝にまかり越しました。
連句協会本部でもホームページ
http://www.renku-kyokai.net/main/01_5.htm
にチラシを掲載頂いています。
どうぞご覧になって見てください。
お会いできる機会があればと楽しみにしています。
ありがとうございました。

岡山県連句協会 会長
米林 真 (よねばやし まこと)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〒700-0904
岡山市北区柳町2-2-1
電話  086-222-6176
ファクス 086-222-1727
メール:t.london@cello.ocn.ne.jp
HP httt://london.or.tv/(私の仕立屋の店のサイトです)
Commented by youyouhibiki at 2010-08-07 10:28
米林さま ご案内ありがとうございます。
連句協会はとても活発なのですね。熱気が感じられます。
岡山は、通り過ぎただけで降りたことがないのですが、
一度行ってみたい土地のひとつです。
これからのますますのご活躍をお祈りします。
何か機会があるとよろしいですね(^^)。
Commented by youyouhibiki at 2010-08-07 10:29
昨日、お名前を間違えて記載、たいへん失礼いたしました。
Commented by 米林 真 at 2011-03-30 10:37 x
先にご案内させて頂いた岡山での連句全国大会にはご協力を賜り、まことにありがとうございました。御礼が遅れて申し訳ございません。
お陰さまで下記サイトのように賑々しく開催することができました。
http://london.or.tv/kokubunnsai.htm
ありがとうございます。
今後ともどこかでお会いできる機会があろうかと存じます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

震災の他にニュースなき春半ば

岡山県連句協会 会長 米林 真
         〒700-0904 岡山市北区柳町2-2-1
            電話 086-222-6176
            メール t.london@cello.ocn.ne.jp

Commented by youyouhibiki at 2011-04-03 23:55
米林 真さま
ご丁寧にありがとうございます。
さっそく拝見させていただきました。
盛況でいらっしゃったご様子が伺えます。
準備その他たいへんでいらしたでしょう。
連句を多くの方が楽しまれますよう、ますますのご発展を
お祈りいたします。
鹿吟舎は毎月第一土曜日に開いておりますので(1月例外)、
もし神奈川、東京にお越しの折機会ありましたら
ご参加くださいませ。お待ちしております。

頂戴した句 震災の他にニュースなき春半ば に付けて

      花のそれぞれなき顔の見ゆ     きらら
Commented by 肥後の風 at 2017-12-05 18:32 x
阿蘇の草泊りは初夏の仕事ではありません。
秋9月~10月の干し草切の時期です。
草泊まりせずに草切だけおこなう(日帰り)は8月初めから始まっていました。
Commented by youyouhibiki at 2018-01-15 23:10
肥後の風さま
月の出や、もなるほど仲秋の月なのですね。
お教えいただき、ありがとうございます!!
句の味わいがますます深くなりました。


本のこと、詩歌のこと、美術展のこと、and so on...


by youyouhibiki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

about me

カテゴリ

全体
美術
詩歌(下記以外)
 連句・歌仙
本(下記以外)
 装幀・デザイン
 アルスのノートと本
 平安~鎌倉の文学
 芥川/片山廣子
 ポール・クローデル
 ウィンター/ディキンソン
音楽・演劇・映画
旅・散歩(下記以外)
 練馬/東京散歩
 鎌倉散策
 花遍路 豊島八十八箇所
写真
仕事
思う・考える
コルベ神父
つくる
衣食住
Dogs & Cats, etc.
子ども時代
未分類

検索

以前の記事

2018年 03月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
more...

記事ランキング

最新のコメント

肥後の風さま 月の出や..
by youyouhibiki at 23:10
阿蘇の草泊りは初夏の仕事..
by 肥後の風 at 18:32
コメントありがとうござい..
by youyouhibiki at 23:51
コメントありがとうござい..
by youyouhibiki at 22:54
古書通さま お知らせあ..
by youyouhibiki at 14:08

画像一覧