面影とは

e0098256_8373945.jpg

練馬の古書店で買った一冊、『現代歌まくら』(小池光、五柳書院、1997)は、

  「地名、非地名を意識的に混じえて取り上げ、
  それぞれの語の現代短歌における比喩の輪郭のスケッチを試みた。」

という興味深い一冊。先日よりぽつぽつと読んでいます。

その中で「武蔵野」の項がおもしろかったので、引用します。

武蔵野の草はもろ向きかもかくも君がまにまに我(あ)は寄りにしを
                                  『万葉集』東歌

武蔵野は万葉集の時代から歌われた。その一首。
武蔵野の草はめいめい勝手な方向に向いているが、
その草のように、どのようにでも君の言うがままに頼ってきましたのに、
という歌意。
武蔵野はまだ人間を寄せつけない、荒涼とした北方の原野だ。

今日、なになにの面影が残る、というとき、もっともフィットする地名は
武蔵野をおいてない。
「武蔵野の面影が残る」というフレーズはほとんど定型化しており、
観光ガイドなどではかならずお目にかかる。

このフレーズが有名になったのは、やはり国木田独歩の『武蔵野』である。
「武蔵野のおもかげはいまわずかに入間郡に残れり」
というのがその書き出し。
明治30年ころ、もう武蔵野は面影だったわけだが、
実はこのくだりは独歩の言でなく
江戸期の観光地図からの引用である。
江戸時代から武蔵野は面影の場所だった。
いわば武蔵野は、武蔵野としてでなく、武蔵野の面影として
発見されたわけで、こういう土地はなかなかにめずらしい。
「武蔵野に散歩する人は、道に迷うことを苦にしてはならない。
……林と野とが斯くも能く入り乱れて、
生活と自然とがこの様に密接している処が何処にあるか」
と独歩は書く。
近代の都市文明と自然との、均整のとれた調和の理想を武蔵野に見出す。
すると「面影」は過去への郷愁ばかりでなく、
現代に直結する積極的な意味をもっている。(後略) 

…実はこのくだりは独歩の言でなく
江戸期の観光地図からの引用である。
江戸時代から武蔵野は面影の場所だった。
いわば武蔵野は、武蔵野としてでなく、
武蔵野の面影として発見されたわけで、
こういう土地はなかなかにめずらしい。

上の箇所で「ガ~ン」ときてしまいました。
武蔵野という自然と、そこに小さく住まう人間、という構図は、
人間の理想であり楽園であり、すでに失われた土地、だったのでしょうか、
それも近代よりもずっと以前から……。

このような設問は、あるいは自然環境論へ、歴史へ、宗教論へ、と発展もするでしょうが
今日はここまで。(ですが、確かに、その面影は「過去への郷愁ばかりでなく、
現代に直結する積極的な意味をもっている」のでしょう。。)

国木田独歩『武蔵野』は「日本名作文学朗読選」というサイトより朗読を無料で聞けますので、
武蔵野の面影と独歩の名文をご堪能ください、お時間あるときにでも。

書き出しはこうです(青空文庫)。読むにはちょっとハードですが、朗読で聞くと耳にやさしい:

「武蔵野の俤(おもかげ)は今わずかに入間(いるま)郡に残れり」と自分は
文政年間にできた地図で見たことがある。
そしてその地図に「入間郡小手指原久米川は古戦場なり太平記元弘三年五月十一日
源平小手指原にて戦うこと一日がうちに三十余たび日暮れは平家三里退きて
久米川に陣を取る明れば源氏久米川の陣へ押寄せると載せたるはこのあたりなるべし」
と書きこんであるのを読んだことがある。
自分は武蔵野の跡のわずかに残っている処とは
定めてこの古戦場あたりではあるまいかと思って、
一度行ってみるつもりでいてまだ行かないが
実際は今もやはりそのとおりであろうかと危ぶんでいる。
ともかく、画や歌でばかり想像している武蔵野をその俤ばかりでも見たいものとは
自分ばかりの願いではあるまい。
それほどの武蔵野が今ははたしていかがであるか、
自分は詳わしくこの問に答えて自分を満足させたいとの望みを起こしたことは
じつに一年前の事であって、今はますますこの望みが大きくなってきた。
[PR]
by youyouhibiki | 2010-08-26 00:08 | 思う・考える | Comments(2)
Commented by キタミ at 2010-08-27 09:25 x
その武蔵野に、しかもその古戦場跡にほど近いところに、面影のように、というか幻のように住まいしワタクシです。
八国山で新田義貞が指揮を執ったといわれ、その頂(といってもすぐ上れますが)には将軍塚の碑が立っています。
後年八国山は『となりのトトロ』で七国山として登場しました。

秋から冬にかけての季節にいらっしゃいませんか。
無料観光ガイドいたします。
Commented by youyouhibiki at 2010-08-28 00:32
ぜひともお伺いいたします。ありがとうございます。
面影のようでも幻のようでもなく、
どちらかというとその存在感は武蔵野の蝦蟇のごとし
(存在感がある、と言いたいだけ)
などとは申しません。ぜひ連れていってもらいます。

(今から体力を鍛えれば、ランボーの弟子になれるかしらん。)


本のこと、詩歌のこと、美術展のこと、and so on...


by youyouhibiki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

about me

カテゴリ

全体
美術
詩歌(下記以外)
 連句・歌仙
本(下記以外)
 装幀・デザイン
 アルスのノートと本
 平安~鎌倉の文学
 芥川/片山廣子
 ポール・クローデル
 ウィンター/ディキンソン
音楽・演劇・映画
旅・散歩(下記以外)
 練馬/東京散歩
 鎌倉散策
 花遍路 豊島八十八箇所
写真
仕事
思う・考える
コルベ神父
つくる
衣食住
Dogs & Cats, etc.
子ども時代
未分類

検索

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
more...

記事ランキング

最新のコメント

肥後の風さま 月の出や..
by youyouhibiki at 23:10
阿蘇の草泊りは初夏の仕事..
by 肥後の風 at 18:32
コメントありがとうござい..
by youyouhibiki at 23:51
コメントありがとうござい..
by youyouhibiki at 22:54
古書通さま お知らせあ..
by youyouhibiki at 14:08

画像一覧