『Emily Dickinson's Letters to the World』

e0098256_01292803.jpg

前にもブログに書いていますが
http://youyoublog.exblog.jp/7045538/
エミリ・ディキンスンというアメリカの詩人を初めて知ったのは、
ジャネット・ウィンターという私の好きな絵本作家の作品に
『Emily Dickinson's Letters to the World』という本が
あることを知ったことによります。
当時この絵本を購入することが難しく、
先にディキンスンの詩と評伝を読んで、
すっかりこの詩人が好きになったという経緯でした。
その後、US Amazonで購入した絵本、
どこにしまったかなかなか見つからなかったのを、
本日ようやく探し出すことができました。

e0098256_01293228.jpg

ある人物の「人となり」を描くのに、
その人の生い立ちを歴史的環境、家族関係などを含めて細かく描く方法と、
いくつかのトピック的エピソードで表現する方法があると思うのですが、
先日見た映画『静かなる情熱 エミリ・ディキンスン』は前者、
ウィンターの絵本は後者、ということになるかと思います。
(もちろん、「映画」と「絵本」の特性にもよるわけですが。)

映画のほうはディキンスンの生涯についてはかなり理解できたのですが、
詩の魅力を語るところまではいかなかったように思いました。
映画のあとに『エミリ・ディキンスン 愛と詩の殉教者』という
評伝を読み返したのですが、ディキンスンの愛した甥のことやら晩年相愛だった人のことは
映画には描かれておらず、全体に暗い感じがしたのは否めないところ
だったかと思います。
http://dickinson-film.jp/

e0098256_01293762.jpg

絵本のほうは、エミリが亡くなったところから
妹が遺された詩を見つけるまでが8ページ。
それに、ウィンターの選んだディキンスンの詩が21篇。
それにNoteとしてディキンスンの略歴が8行とEudora Weltyという
アメリカの作家の言葉が2行。
A Sheltered life can be a daring life as well.
For all serious daring starts from within.
以上で構成されているのですが、
ディキンスンの詩の魅力を余すことなく伝えているように思いました。


by youyouhibiki | 2017-09-18 01:31 |  ウィンター/ディキンソン | Comments(0)


本のこと、詩歌のこと、美術展のこと、and so on...


by youyouhibiki

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
美術
詩歌(下記以外)
 連句・歌仙
本(下記以外)
 装幀・デザイン
 アルスのノートと本
 平安~鎌倉の文学
 芥川/片山廣子
 ポール・クローデル
音楽・演劇・映画
 ウィンター/ディキンソン
旅・散歩(下記以外)
 東京散歩
 酉の市/樋口一葉
 鎌倉散策
 花遍路 豊島八十八箇所
写真
仕事
思う・考える
コルベ神父
つくる
衣食住
Dogs & Cats, etc.
子ども時代
未分類

検索

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 03月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 07月
more...

記事ランキング

その他のジャンル

画像一覧