人気ブログランキング |

映画から本へ

「ゲッベルスと私」の映画紹介に「ハンナ・アーレントにおける“悪の凡庸さ”をふたたび想起させる」と書かれていますが、見終わったあと、自分が、あるいは人間がそこから逃れることはできるのか、という思いが生まれました。
そのモヤモヤした気持ちの手がかりになるかと思って、映画の帰りがけに買ったのが渡辺京二の『原発とジャングル』です。
ここでは、「ジャングルと原発」「原初的正義と国家」「労働と交わり」という章立てで論を展開させていますが、その中の「労働と交わり」では、アーレントの『人間の条件』にある人間の基本的な諸活動の分類について真っ向から反対意見を展開させています。
『人間の条件』についての反対意見と『イエルサレムのアイヒマン――悪の陳腐さについての報告』以降の“悪の凡庸さ”の指摘とは隔たりがあるのではないかと言われるかもしれませんが、この本では要するに哲学者や聖職者が説く「目覚めよ」という言葉への対立概念を述べているので、「悪の凡庸さ」にも(本にそう書かれているわけではありませんが)話は及ぶと思われます。
『原発とジャングル』は『逝きし世の面影』が好きな方にもアーレント・ファンにお薦めかと思います。

by youyouhibiki | 2018-07-11 11:44 | 本(下記以外) | Comments(0)


本のこと、詩歌のこと、美術展のこと、and so on...


by youyouhibiki

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
美術
詩歌(下記以外)
 連句・歌仙
本(下記以外)
 装幀・デザイン
 アルスのノートと本
 平安~鎌倉の文学
 芥川/片山廣子
 ポール・クローデル
音楽・演劇・映画
 ウィンター/ディキンソン
旅・散歩(下記以外)
 東京散歩
 酉の市/樋口一葉
 鎌倉散策
 花遍路 豊島八十八箇所
写真
仕事
思う・考える
コルベ神父
つくる
衣食住
Dogs & Cats, etc.
子ども時代
未分類

検索

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 03月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 07月
more...

記事ランキング

その他のジャンル

画像一覧