『現代短歌一〇〇人二〇首』を読む

e0098256_7492620.jpg

2年前から短歌を作り始めました。まったくの自己流です。
何かにとても感動したり、これを詠いたい、と思ったときに私の短歌は生まれます。

でも、今のペースだと1年に十数首しか出来ないし、
俳句をやっている友人は、「とにかくいっぱい作ることは肝心」と言います。

そんなこんなで、いったい短歌というのはどんな風に詠まれているのか、
という視点から短歌関係の本を読んでいる今日この頃です。

『現代短歌一〇〇人二〇首』(邑書林)は、平成13年刊なので、
それ以降の、つまり最新の短歌は含まれていないのだけど、
いろいろな方の短歌を読むことができました。

はじめて知った上村典子さんの短歌がすてきです。

昏れ方の秋の遠岸(とほぎし)おそらくはひとりがみづを汲みゐるひかり

とぢ糸は野のみづひきの花の色国文学科書庫二月なり

草に寝て風のさざ波寄せくれば櫂ながしたる一艘のわれ

短歌入門の本は、今まであまり読まなかったのだけど、
『短歌入門』(近藤芳美著・1979年刊・筑摩書房)には、
ハウツーではなくもっと本質的なことが書かれていました。
[PR]
by youyouhibiki | 2008-04-14 07:28 | 詩歌(下記以外) | Comments(0)


本のこと、詩歌のこと、美術展のこと、and so on...


by youyouhibiki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

about me

カテゴリ

全体
美術
詩歌(下記以外)
 連句・歌仙
本(下記以外)
 装幀・デザイン
 アルスのノートと本
 平安~鎌倉の文学
 芥川/片山廣子
 ポール・クローデル
音楽・演劇・映画
 ウィンター/ディキンソン
旅・散歩(下記以外)
 練馬/東京散歩
 酉の市/樋口一葉
 鎌倉散策
 花遍路 豊島八十八箇所
写真
仕事
思う・考える
コルベ神父
つくる
衣食住
Dogs & Cats, etc.
子ども時代
未分類

検索

以前の記事

2018年 10月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 03月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2015年 07月
2015年 01月
more...

記事ランキング

最新のコメント

肥後の風さま 月の出や..
by youyouhibiki at 23:10
阿蘇の草泊りは初夏の仕事..
by 肥後の風 at 18:32
コメントありがとうござい..
by youyouhibiki at 23:51
コメントありがとうござい..
by youyouhibiki at 22:54
古書通さま お知らせあ..
by youyouhibiki at 14:08

画像一覧