カテゴリ:本(下記以外)( 52 )

映画から本へ

「ゲッベルスと私」の映画紹介に「ハンナ・アーレントにおける“悪の凡庸さ”をふたたび想起させる」と書かれていますが、見終わったあと、自分が、あるいは人間がそこから逃れることはできるのか、という思いが生まれました。
そのモヤモヤした気持ちの手がかりになるかと思って、映画の帰りがけに買ったのが渡辺京二の『原発とジャングル』です。
ここでは、「ジャングルと原発」「原初的正義と国家」「労働と交わり」という章立てで論を展開させていますが、その中の「労働と交わり」では、アーレントの『人間の条件』にある人間の基本的な諸活動の分類について真っ向から反対意見を展開させています。
『人間の条件』についての反対意見と『イエルサレムのアイヒマン――悪の陳腐さについての報告』以降の“悪の凡庸さ”の指摘とは隔たりがあるのではないかと言われるかもしれませんが、この本では要するに哲学者や聖職者が説く「目覚めよ」という言葉への対立概念を述べているので、「悪の凡庸さ」にも(本にそう書かれているわけではありませんが)話は及ぶと思われます。
『原発とジャングル』は『逝きし世の面影』が好きな方にもアーレント・ファンにお薦めかと思います。

by youyouhibiki | 2018-07-11 11:44 | 本(下記以外) | Comments(0)

『人間はなぜ歌うのか? 人類の進化における「うた」の起源』という本

e0098256_13510773.jpg
「音楽進化学」の本なので書店では音楽の棚にありましたが、さまざまな方向から読んで面白いと思います。

ダーウィンが
「音楽を楽しむことも、音楽をつくりだす能力も、ともに人間の通常の生活に直接の役には立っていないので、
これは人間に備わっている能力のなかでも、最も不思議なものの一つに数えられるべきだろう」
と書いたのに対し、
「音楽が先行するのでは?」「はじめに歌ありき、なのでは?」
という仮説を展開させています。

先史時代のことに及ぶので、仮説を証明することは不可能と思えますが、
確かにこの仮説を前提にすると解ける疑問が多々ありました。

さらに口笛、ハミング、吃音や失語症と種族・民族(言語)との関係、
衣装や仮面などにも語っています。
私にとっては、大げさに言うと言語世界と非言語世界の価値基準がコペルニクス的に転換した?
たまたま衣装という非言語分野に漬かっていた最中に読んだので、心強い一冊となりました



by youyouhibiki | 2018-06-16 13:51 | 本(下記以外) | Comments(0)

『死と復活 ─「狂気の母」の図像から読むキリスト教』

著者池上英洋氏はフィレンツェなどイタリアで、
母が子どもを殺し、それを聖人が生き返らせるという
15世紀の画像を見る。
そのことが発端となって、キリスト教における
聖餐、生け贄、のみならず、生と死、復活というテーマを
ギリシャ劇、エジプト神話、旧約聖書、新約聖書、
聖杯伝説、魔女伝説、聖人伝説、錬金術、グノーシスなどなどを
探りながら解き明かして行く。

途中、すごく驚いたのが、
「第四章 子殺しの魔女とケルトの大釜」なのですが、
中世で学者(医師)は女性に触ることができなかった、
なので、お産は産婆などにまかせていた。
当然、幼児の出生率は下がる。
男性はその原因を産婆=魔女のしわざと考えた。
また、女たちに果たして子どもを生かす意志があるか、
ということについても疑心暗鬼であったという。
「そういう『対女性観』があったなんて…」と、ちょっと驚きでした。

西洋美術史・文化史の本なので、
そこからどうやってキリスト教の生命尊重の考えが圧勝したか
などについて書は書かれていませんので、
おいおい調べていこうと思っています。

ほんとうはもっと、読書会とか講義とかで
ゆっくり時間をかけて読みたい(学びたい)本だと
思います。

蛇足ながら、ポール・クローデルの『乙女ヴィオレーヌ』と
それを書き改めた『マリアへのお告げ』は、
多少亡くなった子どもを遁世した彼女の伯母ヴィオレーヌが
生き返らせるという内容なので、この本のテーマとも
似通っているかとも思いました。

さらに蛇足ですが、
最近、本を読めなくなって困っています。
理由としては仕事でモニタとにらめっこしていたから、
というのが大きいだろうと思っていますが、
若い頃は図書館で本を10冊借りて、その週のうちに返していた私、
もしかして認めたくないけど老化現象??
内容が濃いといえば濃かったのですが、
この本は、2月に買ってやっと読み終えました。
『死と復活 ─「狂気の母」の図像から読むキリスト教』
https://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480015921/
by youyouhibiki | 2014-06-02 23:30 | 本(下記以外) | Comments(0)

『覚書 吉野登美子』のこと

  
  この虹をみる わたしと ちさい妻、
  やすやすと この虹を讃めうる
  わたしら二人 けふのさひわひのおほいさ
             (虹『秋の瞳』)
 
   
 
八木重吉の詩をお読みになったことがありますか?
吉野登美子さんとお聞きになっても、
ご存じでない方がほとんどかもしれませんが、
たとえば八木重吉のこの詩に出てくる「ちさい妻」が、
吉野登美子さん(当時は八木登美子さん)です。


早世した八木重吉のこと、
遺された二人の子どもたちのこと、
八木重吉が遺した詩のこと、
のちに再婚した吉野秀雄という歌人のこと…、
詩歌とともに生きたこれらの方たちのことを、
吉野登美子さんが書かれた『琴よしずかに』と
『わが胸の底ひに』を中心に、
『覚書 吉野登美子」としてまとめました。

e0098256_2121156.jpg

京都の恵文社一乗寺店さんのお店やウェブサイトでも
販売していただいています。

ブログにも書いていただいております。

多くの方に手にとっていただければ、
お読みいただければ幸いです。
by youyouhibiki | 2014-03-17 21:05 | 本(下記以外) | Comments(2)

「ドストエフスキーと愛に生きる」

「考える人」編集長さんの記事を読んで、
とても観たくなって「ドストエフスキーと愛に生きる」に行ってきました。
翻訳家スヴェトラーナさんは、とても魅力的で、
目の光に知性の深みを感じました。
やっぱりあのお歳でドストエフスキーを読み、翻訳する凄さ、
知性も体験も半端じゃありません。
映画については、編集長さんの記事をご覧いただければと思います。
すてきな映画でした。

ところで、ドストエフスキーを女性が読む(読み込む、と言ったほうが正しい)、
ということから、私は志村ふくみさんの『白夜に紡ぐ』(人文書院)を
思い出していました。
志村さんが84歳の時に出されたこの本を読んだときも、
ドストエフスキーを読む態度に圧倒されたもので、
読書がまさに精神の葛藤であることを思い知らされましたが、
奇しくもほぼ同じ年代の女性であることに、
お二人の親和性を感じます。

「テクスチャーとテキスタイルの語源は同じ」と言いつつ
布や刺繍を愛されるスヴェトラーナさんと、染織家の志村ふくみさん。
このお二人が、ドストエフスキー文学の根源にあると思われる
人間の罪や醜さ、惨たらしさの中をともに生き、葛藤し、共に戦い、
さらにおこがましくも言ってしまえば
光や救済とも言うべき何らかの解答をそこに読み取ろうとして
おられるようにも思いました。
(そして、翻訳されたものや染織自体が、その過程であり結果でもあるような…。)

80歳を過ぎたお二人の姿に、私の今まで想像していた老いの生き方と
まったく違うものを感じ、震撼としております。
by youyouhibiki | 2014-03-08 22:33 | 本(下記以外) | Comments(0)

冬の黄昏書局まで

e0098256_2225711.jpg


啓祐堂で開かれている戸田勝久さんの個展に行きました。
戸田さんは、ふだん神戸を中心に活躍していらっしゃいますが、
毎年暮れに、東京で個展を開かれます。
今回は、「黄昏書局の冬」という見立てで、
黄昏書局の主人がつくる本も並べられていました。

まず絵画には、雪の夜の黄昏書局の絵や、
本をモチーフにした絵画などがあり、どれもこれも
見飽きないものばかり。
今日は戸田さんもいらっしゃって、お話しすることができました。

実際に装丁を手がけられた本のほかに、
「2回も本をだめにしました」というほど読み込まれた
蕪村書簡集や荷風俳諧集、風立ちぬや中也詩集、
ペレアスとメリザンドなどの文庫本に、
一枚しかないオリジナルの絵のカバーがつけられていたり、
大きな絵を縮小コピーしてカバーにされていたり
(絵を買った方にはこの本がつけられる)、
「本」「本」「本」の個展でした。

実は今回、ちょっとした古書を数冊お持ちして、
それらについてもお話がはずんだのですが、
戸田さんが、やさしい神戸紳士の口調で、
「昔の人はいい本をつくってますね」とおっしゃったあとに
「だから私たちも、いい本をつくって残さないといけませんね」と
付け加えられた言葉、また、
「だから中島さんもいい本をつくってくださいね」には
襟を正さずにはいられませんでした。

来年に向けて力づけられつつ、
満ち足りた思いで帰路につきました。

e0098256_2231758.jpg


こちらはドイツを中心に売られていて日本では個展のときしか
購入できないバインダーとポストカード。
by youyouhibiki | 2013-12-21 22:03 | 本(下記以外) | Comments(0)

『ルワンダ中央銀行総裁日記』

e0098256_23141679.jpg


『ルワンダ中央銀行総裁日記』(服部正也、中公新書)について、
先日某所で「いい本です」とか「名著です」とかしか言えなかったので、
家に帰って、改めてこの本のことを考えました。

1965年に、日銀の服部正也氏は、ベルギーから独立したばかりのルワンダの、
中央銀行総裁になります。
ということはつまり、日銀の総裁に他国の人がなる、みたいな感じのすごいことです。
どうしてそうなったかというと、ルワンダにはまだ人材がなく、
今まで支配していたベルギー寄りでも米国、ソ連よりでもない誰かが
ならなくてはならないという、当時の国際的力関係によるところが多かったようです。

ルワンダに渡って、服部氏は、外貨管理から国内の経済再建、通貨改革、
公定歩合などなどすべてをどうするか、決定していかなくてはならないのですが、
いったい何を根拠に決定するのか?? 
amazonには

「本書は物理的条件の不利に屈せず、様々の驚きや発見の連続のなかで、
あくまで民情に即した経済改革を遂行した日本人総裁の記録である。」

と書かれていますが、それではここでいう「民意」って何なのか、
それをどうやって量ったか、は、この本に折にふれ書かれていますので、
ぜひ読んでみてください。

「平和といい、貿易といい、援助というものは、究極的には国民と国民との関係という、
いわば人の問題である。この人の面を無視して進められる国際関係の基礎は、
きわめて脆弱なものである。」(本文より)

服部氏は、1971年に帰国するまで6年間、ルワンダ中央銀行の総裁を勤め、
国の経済の土台をつくり、ルワンダ人の後継者を育成して帰国します。

この本は読むたびに、働いたり生きたりする姿勢を正される、
私にとって「出会ってよかった」一冊です。
by youyouhibiki | 2013-12-19 23:14 | 本(下記以外) | Comments(0)

4月に読んだ本

図書館で須賀敦子さんの本を借りようと思ったら読んだものしかなかったので、
たまたまお隣にあった『神の棘』(須賀しのぶ・早川書房)を借りました。

e0098256_222834100.jpg
男は神を棄て、栄光を手にした――
激動のナチス・ドイツを貫く、二人の青年の魂の相克! 
『キル・ゾーン』『流血女神伝』などの軍事冒険小説で
高い評価を受ける著者が、ミステリ界に新たな足跡を刻む、
全2巻連続刊行の歴史ロマン巨篇。

1935年、ドイツ。若く優秀な保安情報部(SD)員アルベルトは、
党規に従い神を棄てた。そして上官のハイドリヒから、
ヒトラー政権に反発する国内カトリック教会の摘発を命じられる。
一方、アルベルトの幼馴染マティアスは、大恐慌で家族を失くし、
修道士として静かに生活していた。
道を分かたれたはずの二人が再び出会ったとき、
友情と裏切りに満ちた相克のドラマが幕を開ける。
全二巻連続刊行の歴史ロマン大作!(早川書房HP)

本を借りたときは、表紙の絵↑からして、
また、須賀しのぶさんはライトノベルの作家とどこかに書かれていたので、
どちらかというと軽い感じの本を想像していたのですが、違った。
えーっ、こんなにハードでいいの? そう思いながら読みすすみました。
何しろ読み始めると一気読みするタイプなのですが、
さすがに上下巻はたいへんだった。
(じっくり読みたいのと、先へ急ぎたいのとで)。
下巻最初で少し中だるみしたのですが、この部分も後で重要になってくる。
下巻途中からはまさに一気読みでした。

いやー、すごい作家さんだなぁ。
なんでも学生時代のご専門は史学@上智大学とか。
第二次世界大戦前後のドイツの空気を、
おそらくものすごく的確に綴っておられると思う。
その中で、正義と悪、神と人間…と言う普遍的でもあり個別的でもある
様々な問題を展開しておられる。
しかも最後の一ページまで、結末が分からない。

友人に聞くと、須賀しのぶさんはコバルト文庫で読んでいたとのこと。
なつかしいコバルト文庫も読んでみたくなりました。

e0098256_22352277.jpg

ちなみに、発売直後に装丁が変わったんだそうです。
雰囲気にあわせたのかな? いまの装丁はこちら↑です。
by youyouhibiki | 2013-04-25 22:35 | 本(下記以外) | Comments(0)

貴婦人と一角獣

e0098256_2134192.jpg
来るフランス国立クリュニー中世美術館所蔵 貴婦人と一角獣展
     (東京:4月25日〜7月15日 国立新美術館)
に併せて読んでみました。
『貴婦人と一角獣』(トレイシー・シュヴァリエ著/白水社Uブックス)
十五世紀後半にブリュッセルで制作された連作タピスリー《貴婦人と一角獣》は、中世美術の傑作として名高い。鮮やかな赤を背景に、貴婦人が一角獣を誘惑する姿を織った六枚のうち、五枚はそれぞれ人間の五感を表わしている。しかし、六枚目の意味については諸説あり、制作の経緯や来歴もいまだ多くの謎に包まれている。本書は、これまで判明しているわずかな史実から卓抜な想像力を駆使し、タピスリー誕生までの経緯を縦糸に、制作に関わる人々の人生を横糸にして綴られる歴史小説である。
ある貴族からタピスリー制作の依頼を受けた女たらしの絵師ニコラは、依頼主の娘クロードに一目惚れするが、禁断の愛をかなえるには多くの困難が待つ。図案を仕上げたニコラはブリュッセルの工房に下絵の手伝いに出かけるが、親方の娘アリエノールにも心惹かれる。しかし彼女にはある秘密があり、ニコラは懊悩する……。

ストーリーも面白く、当時の時代背景も分かり、
織物工場での作業工程なども分かり、
三拍子楽しめました。おすすめです。
(実は、後半の半分を夜中3時半までかかって一気読み。
今日はちょっと寝不足。。。)

それにしてもこのタピスリーは、いろんな作家が作品でとり上げていますね。
リルケの『マルテの手記』、辻邦生の『廻廊にて』などなど…。
それほどまで見る人に何かを語りかけているのでしょうか、
展示が楽しみです。
by youyouhibiki | 2013-04-15 21:46 | 本(下記以外) | Comments(0)

3月に読んだ本

2012年度本屋大賞第3位だったとのことで、
ご存知の方も多いと思いますが、久しぶりに一気読みしてしまいました。

e0098256_014213.jpg

『ピエタ』(大島真寿美 ぽぷら社)
18世紀、爛熟の時を迎えた水の都ヴェネツィア。
『四季』の作曲家ヴィヴァルディは、孤児を養育するピエタ慈善院で
〈合奏・合唱の娘たち〉を指導していた。
ある日、教え子のエミーリアのもとに、恩師の訃報が届く。
一枚の楽譜の謎に導かれ、物語の扉が開かれる――

聖と俗、生と死、男と女、真実と虚構、絶望と希望、名声と孤独・・・・・・
あらゆる対比がたくみに溶け合った、これぞまさに“調和の霊感”!


本文中に出てくる「調和の霊感」(L'estro armonico)を、
今日は一日中聴いてました。
とってもお薦めの一冊です。
by youyouhibiki | 2013-03-31 00:03 | 本(下記以外) | Comments(0)


本のこと、詩歌のこと、美術展のこと、and so on...


by youyouhibiki

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
美術
詩歌(下記以外)
 連句・歌仙
本(下記以外)
 装幀・デザイン
 アルスのノートと本
 平安~鎌倉の文学
 芥川/片山廣子
 ポール・クローデル
音楽・演劇・映画
 ウィンター/ディキンソン
旅・散歩(下記以外)
 東京散歩
 酉の市/樋口一葉
 鎌倉散策
 花遍路 豊島八十八箇所
写真
仕事
思う・考える
コルベ神父
つくる
衣食住
Dogs & Cats, etc.
子ども時代
未分類

検索

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 03月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2015年 07月
2015年 01月
2014年 07月
more...

記事ランキング

その他のジャンル

画像一覧